ブログ

フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書

よく行く公園で、いつも走っている人がいます。

おそらく学生時代にラン経験が無かったんだと思います。

姿勢が後ろに傾き、腰が落ちて、膝も深く曲げながらいつも走っています。

かかと着地も上手くできず、スムーズなフォームではないです

 

この走り方だと、どうしても下半身に大きな負荷が掛かり

特にふくらはぎは太くなってしまっています。

足も身体も毎日走っているので余計な脂肪は無いのですが、

エリートランナーと比べると明らかに足は太いです。

ランニングフォームは体型に反映されてくるということでしょう。

 

ウォーキングでも同様なことがいえます。

つま先で地面を強く蹴る傾向がある方は、ふくらはぎは太めです。

 

水泳をずっとしていればスイマー体型に。

フェンシングをしていれば太ももが体型に。

相撲をすれば、相撲体型に・

 

体型はフォームの履歴書、なのです。

 

その一歩を希望に変えて

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  2. ウォーキング や 競歩 でフォームを意識して修正することが、どん…
  3. 腰を持って、押してもらってるイメージで歩いた時に、姿勢はどうした…
  4. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  5. ウォーキング 競歩でリラックスして足を前に振出す
  6. 速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない
  7. 身長が低くても時速7.5㎞でウォーキングすることは可能です。
  8. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
PAGE TOP
PAGE TOP