BLOG

ウォーキングブログ

東京五輪で選手と手軽にコミュニケーションを取る方法① 選手は飲み歩く

日本の選手団では、夜にで歩く、ということは

陸上競技においてはほとんどないと言えます。

それは、スポーツと教育が日本の場合は密接な関係にあるので

選手は社会の模範になることを求められているからです。

 

ただ、海外の場合はそれほど厳しくありません。

遅くに飲みにで歩くのは、ストレス解消。

社会のルールさえ守っていれば、社会の模範になる必要は無い印象です。

 

実際に、ロンドン五輪、けっこう遅い時間まで選手を目にしました。

ちなみにリオ五輪は、治安の問題で遅くに外出することは

まず無かったので状況は分かりませんが。。。

 

ロンドンの時は、カナダの選手と試合後に慰労を兼ねて

バルに飲みに行きましたが、夜に日本の選手は一人も見かけませんでした。

 

ロンドンのバルで飲んでいた時に、現地のイギリス人がジャージ姿の彼のを見つけて

「ひょっとして五輪に出たの?」と聞いてきました。

「そうだよ」っと友人

「すげー、一杯ビール驕らせて」

っと言われて一杯、驕ってもらってました。

 

食事をおごってくれるだと、ちょっとやり過ぎ感はありますが

「一杯」であれば、双方気持ちよくコミュニケーションがとれます。

 

東京五輪ではきっと有楽町あたりで多くの選手が、ちょっとしたストレス解消で

飲んでる選手も大勢いるでしょう

皆さんも選手を見かけたら、ぜひ「ビール一杯」驕ってあげて下さい(笑)

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  2. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  3. 世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子…
  4. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  5. 選手ができること、皆さんができること
  6. めちゃくちゃ怒ってます!
  7. 【女性に多い】ウォーキングの姿勢から気を付けたい「腰痛対策」
  8. ウォーキングで我流でウォーキングされている方の癖が出る場所とは?…
<<
PAGE TOP