ブログ

競歩 マスターズの女性選手でも、良いフォームは良いタイムを作る

先日、メール通信(現在、休止中)でサポートしている《女性》が

3000m競歩の試合で最初の1000mを6分15秒で通過しました。

後半ペースは落としましたが、非常に良いペースで通過できました

 

ゴールタイムは個人が特定されそうなので控えますが

実は「ベントニー」(膝曲がりの反則)でも苦労をしていました。

 

試合の動画をみたら、ベントニーもほぼ克服して歩いてました。

 

ご本人の努力がしっかりと結実した結果でしょう。

良いフォームは、良いタイムを生む、

その好例かと思います。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 意外に皆さんが苦労する ウォーキング や 競歩のテクニックとは…
  2. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
  3. ウォーキング、膝下の振り出しが難しい。福岡 最後の講習会を向けて…
  4. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  5. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  6. 速く歩くために、したいこと
  7. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  8. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
PAGE TOP