ブログ

ウォーキングで免疫力を上げる

DMCハーパー大学病院のサンドラ教授は

次のような論文を発表しています

「免疫反応に対する中程度の運動トレーニングの効果」

 

要点だけを説明すれば

15週間、週5回45分程度の低強度のウォーキングをすれば

血清免疫グロブリンが20%増加する、

という事を1991年に論文発表しました

 

低強度ですから、速くなくても構いません

大事なのは、歩くスピードは遅くとも習慣化すること

週5回で15週間ですからね。

 

ゆっくりでも良いので歩くことを習慣化しましょう!

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪@札幌 競歩コースを予測する
  2. 「挑戦すること」は、年齢に関係なく、結果より尊いことだと、教えて…
  3. いざ!再びのロンドンへ
  4. 速く歩く一番シンプルな方法
  5. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  6. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  7. 当分は、これを履いて競歩します。
  8. トップアイドルの座を捨てて、悲願の日本一
PAGE TOP