ブログ

リライト版 速くなるために必要なシンプルな思考

男子20km、女子20kmの順でおこなわれると

スピードの速さ違いがよく分かります。

 

もちろん男子の方が、優勝タイムは速いです。

男子は時速15km、女子は時速13km

 

時速15kmを見た後に時速13kmを見ると

これぐらいのレベルでの時速2kmの差は

例え時速13kmといえど、とても遅く見えます。

 

しかし、遅く見えることで、

そのスピードの差を産むのが

何が原因なのか?

というところも良く見えてきます。

 

根本的なところはもちろん回転数です。

腕を振る速さがまったく違います。

 

速く腕が振れるのは男女差による筋力の違い

と言ってしまえば、それで話しは終わってしまいますが、

もう少し踏み込んで考えれば、女性も男性と同じくらいの筋力を

着ければ男性並みに速く腕が振れる

という事です。

実際に、女性であっても日本代表級選手は

普通の男性より速く歩くことができますからね。

 

「そんな事は、当たり前だよ」

っとして思ってしまいがちですが、

こういう「発想のシンプル化」はとても重要です。

 

速くなる、という事は

【速くなるための要素を知り、今の自分の出来ていないこととの差を埋めること】

 

競技スポーツの選手たちは、そういうレベルの人なんだから、出来て当たり前

自分には合わない、無理。と思ったらやはり出来ないでしょう。

速くなるためには、「発想のシンプル化」は案外一番の近道かもしれません

Follow me!

関連記事

  1. 女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8…
  2. 競歩の腕振りを練習することで、ランでもウォークでもスピードが作り…
  3. ウォーキング ロングウォークの後にしたいこと
  4. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
  5. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  6. 【健康ウォーキング】膝への負担を少なくするために、気を付けたいこ…
  7. ウォーキング や 競歩で上達するための「自分の現在地」を知ってい…
  8. YouTube更新しました! 競歩のためのピッチを上げるトレーニ…
PAGE TOP
PAGE TOP