ブログ

ウォーキング中級者以上が試したい、リラックスした腕振り

初心者の領域を抜け出して

ある程度スピードが出せてくると、

腕振りもつい力が入ってしまいます。

 

そんなウォーキング中級者が試したいのは「リラックスした腕振り」

リラックスとは「脱力」です。

脱力した腕振りは意外に難しいです。

 

肩の力を抜くと腕は当然だらりとぶら下がる状態になります

そうなると、脇が閉じた状態になります

そして、腕を抱えて「肘」を前後に振るとリラックスした腕振りが出来上がります。

 

力が入っていると脇が開きます。

つまり、脇が開くと肩に力が入っているという状態になります。

リラックスした腕振りにも挑戦しましょう

 

「競歩」の場合は、少し違ってきます。

腕の振る方向が内側になると肘は外側に引かれる形になるので

見た目は脇が開きます。

ただ、脱力が出来ていると肘のラインは身体の近くを通ります

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」
  2. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  3. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  4. ウォーキング や 競歩で上達するための「自分の現在地」を知ってい…
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  6. ウォーキング、ランニング 寒い時期だからこそ、やりたいトレーニン…
  7. 誰かに押してもらってウォーキングしていたら?どんな姿勢だと進みや…
  8. 【ウォーキング 競歩のトレーニング】をして、疲れる場所でフォーム…
PAGE TOP
PAGE TOP