ブログ

ウォーキング中級者以上が試したい、リラックスした腕振り

初心者の領域を抜け出して

ある程度スピードが出せてくると、

腕振りもつい力が入ってしまいます。

 

そんなウォーキング中級者が試したいのは「リラックスした腕振り」

リラックスとは「脱力」です。

脱力した腕振りは意外に難しいです。

 

肩の力を抜くと腕は当然だらりとぶら下がる状態になります

そうなると、脇が閉じた状態になります

そして、腕を抱えて「肘」を前後に振るとリラックスした腕振りが出来上がります。

 

力が入っていると脇が開きます。

つまり、脇が開くと肩に力が入っているという状態になります。

リラックスした腕振りにも挑戦しましょう

 

「競歩」の場合は、少し違ってきます。

腕の振る方向が内側になると肘は外側に引かれる形になるので

見た目は脇が開きます。

ただ、脱力が出来ていると肘のラインは身体の近くを通ります

 

Follow me!

関連記事

  1. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  2. 6月のエクストリームウォーク初挑戦で完歩した方のメールから見る、…
  3. 東京エクストリームウォーク 女性参加者がぜひやっておきたい「お肌…
  4. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  5. マラソンで流行っている厚底シューズは、ウォーキングでも効果を発揮…
  6. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  7. 時速7㎞以上で歩いても、景色はのんびり見れます。
  8. インターハイが無くなり、次に目指したい高校生の大会 WEB競歩講…
PAGE TOP
PAGE TOP