ブログ

決戦!最後の1枠 東京五輪50㎞競歩代表! どんなレースになるのか?

競歩を知らない方が、少しでも興味を持って

週末の50㎞競歩を楽しみにしてもらたい!という視点で書きたいと思います。

まずは、どんな選手が出て、どう熾烈なのかはこちらを読んでください

下に続く

決戦!東京五輪50㎞競歩代表!最後の1枠 最強と最速に続く3人目は誰になる?

代表を決める要件は、

男子50㎞競歩
第 105 回日本陸上競技選手権大会・50km 競歩(2021/輪島)において日本人最上位者
で、派遣設定記録を満たした競技者

 

派遣設定記録は3時間45分。

このペースは4’30/㎞のペース。これで50㎞を歩くことはトップ選手にとっては

簡単では無いですが、決して高いハードルではありません。

 

この大会で五輪出場を狙うメンバーで、派遣設定記録より遅いタイムで

優勝が出来るとは思えないので、結果的に優勝者が代表内定となる可能性は非常に高いです。

 

そうなると、「優勝する」が大事なポイント。

途中でどんな順位であろうとも、最後にトップでゴールできれば良いレースです。

そういうレースをするための一番のセオリーは

・最後まで前に出ないで、ずっとトップ選手の後ろにつく

周りを利用して、体力を温存し最後にスピード勝負を仕掛ける。

これを全員がおこなうと極端なスローペースになります。

 

駅伝だとチームに勢いを作るタイムではなく順位が重要となる

区間の1区で良く起こる現象です。

 

ただ、スピードの無い選手は不利になりますし、

力が温存できる分、思わぬダークホースの活躍を許してしまいます。

 

そうなると、ある程度、50㎞競歩で実績のある選手は

スローな展開にするのではなく、自分のペースである程度速いラップを作り

例え後ろにずっと付かれたとしても、比較的速いペースで歩いて

付いてくる選手のスタミナを奪い、ラスト勝負に持ち込ませない

っという戦術が必要になってくるでしょう。

ただ、速すぎるペースを作ってしまうと、自分自身もスタミナ切れを起こしてしまう

危険性もはらんでいます。

 

・後ろについてラスト勝負に掛ける選手

・自分のペースでレースを作り付いてくる選手を揺さぶる選手

今回は基本的には今回は後者の選手の方が多い印象です。

そうなるとある程度の集団になる可能性が高いです。

 

もちろん、この2つに該当しないで、、、

飛び出す選手もいるでしょう。

この選手の扱いをどうするか。。。

トップ集団が迷うところでしょう。

 

あまり実績のない選手が飛び出すと、トップ集団は「いずれ落ちるだろう」っと考えて

追いかけるようなことはしないでしょう。

ただ、実績のある選手に行かれると。。。

難しい判断を迫られます。

 

順位が重要な試合で、実力者に逃げられるほど、後ろの集団を「不安」にさせることはありません。

そうなると自分のレースに徹する、のか?チャレンジするのか?の選択に迫られるでしょう

 

「自分のレースをして、実力を出し切れば満足です」的な優等生なコメントは

五輪代表が掛かっている場合は本心ではありません(笑)

 

スタートラインに立つまでにどれだけの方にサポートしてもらっていたか・・・

その人たちの気持ちを想えば、代表になれなくても満足的な言葉を言う選手は

そもそも代表になる資格が無い選手だと思います。

(厳しいようですが、日本代表とはそういう立場です)

 

話が反れました。。。

 

個人的には飛び出す選手はいるかもしれない、っと感じています。

50㎞は長いです。そこで飛び出すのは勇気のあること。

 

一か八かで飛び出しているのか、勝算があるのか?

これだけコロナで試合が無かったので、やはり一か八か感は大きいでしょう

もしくは、トレーニングでよっぽど手ごたえがあったか?

 

速いペースかどうかは日本記録ペースは4分20秒/km

これに近いタイムでレースは作られるでしょう。

 

逃げるとなると、4分15秒前後が必要になるでしょう

そうなると世界記録3時間32分33秒。

サブ3を「歩いて」する必要が出てきます。

 

レースは一人で作るものでは無く、集団で作られるもの。

どんなレースになるのか?想像するだけで楽しみです

(選手は大変ですが。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  2. スポーツと医療の最前線の融合
  3. 台風19号被災地へのチャリティ講習会
  4. NHKと番組作りました!!
  5. ここ最近で一番読まれているblogは。。。
  6. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  7. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  8. 【レポート①】テン6ウォーキングin駒沢公園
PAGE TOP
PAGE TOP