ブログ

東京五輪男子50㎞競歩代表 勝木隼人選手 世界ランキング11位 鉄の意志で自分のレースを貫く

東京五輪男子50㎞競歩 勝木 隼人選手 世界ランキング11位

アジア大会も

日本選手権50㎞競歩も

最後まで自分のレースを貫いて「東京五輪代表」になりました。

 

50㎞自己記録 3時間42分34秒

今期の輪島で自己記録を更新しました。

自分のレースに徹することで、ここまで結果を残してきた勝木選手。

50㎞の長丁場、迷いも、混乱も、焦りも、生まれる中で出来そうで出来ないこと。

自分のレースに徹するということ。これが最大の彼の武器

 

東京五輪の舞台でも「貫いて」くれるでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説② 【腕振りが身…
  2. 身体と金づち
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  4. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  5. 【訂正】本日19:00〜
  6. 強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年…
  7. 100km ウォーキングを食べる② ガソリン満タンはどれぐらい?…
  8. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習
PAGE TOP
PAGE TOP