BLOG

ウォーキングブログ

東京五輪男子50㎞競歩代表 勝木隼人選手 世界ランキング11位 鉄の意志で自分のレースを貫く

東京五輪男子50㎞競歩 勝木 隼人選手 世界ランキング11位

アジア大会も

日本選手権50㎞競歩も

最後まで自分のレースを貫いて「東京五輪代表」になりました。

 

50㎞自己記録 3時間42分34秒

今期の輪島で自己記録を更新しました。

自分のレースに徹することで、ここまで結果を残してきた勝木選手。

50㎞の長丁場、迷いも、混乱も、焦りも、生まれる中で出来そうで出来ないこと。

自分のレースに徹するということ。これが最大の彼の武器

 

東京五輪の舞台でも「貫いて」くれるでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩をしたら凹む身体の部位とは? ZIPのメダルラッシュをより楽…
  2. 競歩のスピードを、どう例えて伝えるか?
  3. 女性ならではのウォーキングの特徴
  4. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ その2
  5. 2022年世界陸上オレゴン大会 男子35㎞競歩展望 20㎞競歩よ…
  6. 全日本競歩能美大会、明日開催!東京五輪代表選手が欠場から見えてき…
  7. 全日本競歩20㎞能美大会 迫る! 女子20㎞競歩を考える
  8. 2022世界陸上オレゴン大会 放送席から見た男子20㎞レビュー …
<<
PAGE TOP