ブログ

「6回倒れても、、、、」五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事件簿① 競歩を楽しく観よう

ヨハンディニズ選手(フランス)

リオ五輪、50㎞競歩をの中継していて、
モニター画面に映る遠くの方で誰かが倒れた、
それはとても危険な倒れ方だった

一般的にある程度意識があれば、倒れたときに怪我をしないように
手を付きに行くとかするものだが、その映像で映っていたのは
ボクサーが強烈なパンチを浴びて、意識が跳び足元から垂直に崩れ落ちていく
まさにそんな状態で倒れていった

そして、映像は大の字になって横たわるディニズ選手を映し出す
日差し照り付けるリオ五輪、コースには日陰もなく
ハイペースで独歩を続けていた結果だろう

慌てて駆け付けた係員の手を借りてヨロヨロと起き上がる。
余裕のない倒れ方、幸いどこも怪我をしていないようだが
もう、棄権だろう、っと思っていたら

映像はまた、歩きだした、ディニズ選手を映し出す
足元はふらつきながら。。。

そして、何㎞か歩いて、また倒れたディニズ選手を映し出す

そして、ディニズ選手は、また立ち上がり歩き出す

倒れる、歩く、止まる、を繰り返し
画面で確認できただけでも6回は転んでいる

それでも、ディニズ選手はリオ五輪8位入賞でゴールする

とてつもない精神力を目の当たりにした。

そして、この話はこれで終わらない、、、

2017年世界陸上ロンドン大会

リオ五輪よりか涼しいが変わらずあのときのような
強い日差しが照り付ける50㎞競歩としては
厳しい気象状況

ディニズ選手は再びそんな気象条件のなか
反省を知らないのか?それしかできないのか?
再び、ハイペースで独歩体制を早々に作る

当然、解説する側とすれば「リオ五輪の悪夢と不屈の精神での8位入賞」
の話をする

ディニズ選手独歩のまま、20㎞経過、まだペースは落ちない
そして、リオ五輪でペースが落ち始めた30㎞経過、落ちない
40㎞経過、快調に歩み続ける後続との差は5分以上
50㎞、圧勝の世界陸上制覇

まさに規格外!

東京五輪に出場するディニズ選手!どんなレースをするか注目です!

Follow me!

関連記事

  1. 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を鍛えるウォーキングの仕方
  2. 100㎞ウォーキングは、質?量?
  3. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  4. 擬音で表現して相手に伝えるために
  5. まったく参考にならないマラソンでサブ3するためのメニュー
  6. 「たまには一緒に外を歩いてみませんか?」
  7. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  8. 104年で初めての衝撃 日本選手権50km競歩中止決定
PAGE TOP
PAGE TOP