ブログ

2022世界競歩チーム選手権オマーン 男子20㎞競歩展望

この週末、世界競歩チーム選手権が開催されます

注目の男子20㎞競歩、

3月5日21:00-スタート(日本時間)です、TBS陸上youtubeチャンネルでLive配信されます!

配信詳細はブログ後半でご案内します!今回も解説で参加します!!!

 

男子20㎞競歩を展望したいと思います。

最大の注目は池田選手の連覇がなるか?でしょう!

前回大会、2018世界競歩チーム選手権20㎞競歩を池田選手は優勝し

日本男子は初めて20㎞競歩で団体優勝をしました。

この原動力となったのは、池田選手の優勝です

この時池田選手は、中国Kaihua WANGに競り勝ち優勝、3位は東京五輪金メダル・スタノ選手

強い相手に強い勝ち方をしました。

東京五輪で競歩史上初の銀メダルを獲得し、

しかも今大会は、スタノ選手が欠場し、王選手もエントリーしていないとなれば

連覇は目指しなければいけない大会と言って良いでしょう

その一番の強力なライバルは、山西選手。

池田選手が優勝した前回大会でメダルを逃す悔しい4位

それが原動力となって、2019年の世界陸上ドーハ大会の金メダルにつながった言って良いかもしれません

前回4位から世界陸上と世界競歩チーム選手権20㎞競歩の2冠を狙っているでしょう

強敵はVasiliy MIZINOV(RUS)、東京五輪は失格したが、今季1:17’47でPB更新しており強敵です。

世代交代進むも女子同様に男子も層の厚い中国も強敵

代表経験はなくても自己記録が1:17’52 Lihong CUI、自己記録が1:18’44 Hao XUを中心に5名がエントリー

Samuel Kireri GATHIMBA(KEN)もケニア勢初の主要国際大会での上位入賞を目論む。自己記録は1:18’23はその資格充分

35㎞とWエントリーし、どちらに出るか不明ですがPerseus KARLSTRÖM (SWE)も20㎞で出場となれば、メダル争いはしてくると思います

 

世界陸上オレゴンの金メダルを占う重要な一戦。

日本人VS日本人

そして、日本人VS中国・ロシア・ケニア・スウェーデン!

最後まで目が離せません!

http://www.tbs.co.jp/sports/athletics/race-walking/live3.html

ーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

#サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 第16回 初心者講習会&テン6ウォーキング 7月開催
  2. 超初心者 まったくの素人の方向け テン6ウォーキング 開催!
  3. 競歩初心者、競歩にやってみたい!思っている方への無料WEBイベン…
  4. 第32回テン6ウォーク 3月2020年
  5. 日本選手権35㎞競歩 男子を展望したいと思います
  6. 【競歩】動画フィードバック付き初心者向け講習会 2022年7月
  7. 競歩式ラン 講習会 2018年3月開催
  8. 100㎞ウォーク講習会に向けて、頂いている「ご質問」
PAGE TOP
PAGE TOP