ブログ

全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所

全力で競歩をしたので、筋肉痛になりました。

普段、どんなに長い距離を歩いても

ほとんど筋肉痛になることは無いのですが、

なぜ?ダッシュは筋肉痛になるのか?

 

それは、ダッシュが無酸素運動だからです。

長距離ウォークでは、(その人にとって)極端に長くなければ

筋肉痛になることはまれですが、

距離が短く無酸素で瞬発的に体を使えば、負荷が大きくなり

筋肉痛になります。

いわば筋トレをしているような状態です。

 

そして筋肉痛になった場所は、「脚」ではなく。。。

「肩甲骨」周り、つまり僧帽筋・広背筋です。

スタートする前も、背中の筋肉痛は覚悟してました。

 

スピードを生むために、しっかりと肘を引く必要があったので

高く肘を引ききったので、肩甲骨周りが筋肉痛です。

あと、お尻周りですかね。

 

予想通りの場所が筋肉痛となり、

良いフォームで歩けたのでは?っと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性
  2. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  3. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  4. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  5. 汗を掻きたくない人こそ、運動するなら「今でしょ」
  6. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  7. 自分のウォーキング 競歩 のフォームをどう修正すれば良いかがすぐ…
  8. 世界競歩チーム選手権、続け!男子20㎞!!!
PAGE TOP