ブログ

全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所

全力で競歩をしたので、筋肉痛になりました。

普段、どんなに長い距離を歩いても

ほとんど筋肉痛になることは無いのですが、

なぜ?ダッシュは筋肉痛になるのか?

 

それは、ダッシュが無酸素運動だからです。

長距離ウォークでは、(その人にとって)極端に長くなければ

筋肉痛になることはまれですが、

距離が短く無酸素で瞬発的に体を使えば、負荷が大きくなり

筋肉痛になります。

いわば筋トレをしているような状態です。

 

そして筋肉痛になった場所は、「脚」ではなく。。。

「肩甲骨」周り、つまり僧帽筋・広背筋です。

スタートする前も、背中の筋肉痛は覚悟してました。

 

スピードを生むために、しっかりと肘を引く必要があったので

高く肘を引ききったので、肩甲骨周りが筋肉痛です。

あと、お尻周りですかね。

 

予想通りの場所が筋肉痛となり、

良いフォームで歩けたのでは?っと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 連日、睡眠不足のはなし
  2. 膝を伸ばした方が良い理由
  3. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  4. 委嘱状が2通、届きました。
  5. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  6. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  7. 20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける…
  8. 動画で自分のフォームを撮影 フォームチェックで持ちたい感覚とは?…
PAGE TOP