ブログ

パーソナルトレーニングで驚かれること

パーソナルをしていて、良く言われるのが

・スピードが出ている気がしない

・歩幅が短くなって、なんだか前に進んでいる気がしない

この2つは良く言われます。

 

どうも皆さん、速く歩くのに力を使う必要があると思うらしく

力を使わずに、身体を上手に使うことを最初にやるので

イメージと違って面食らう感じです。

 

もっと皆さんがビックリするのは

スピードが出ていないと感じても

GPSでリアルタイムで速度を確認すると、まったく遅くなっていない

むしろ速くなっている

動画をその場で撮ってフォームを見てもらうと

まったく歩幅が狭くなっていない。

 

そのことに更にビックリします。

 

どうしても自分の今までの感覚を信じてやっているので

速くなるという事は、楽をすることでは無く

もっと力を入れて歩幅を広くする

一生懸命腕を振る。ということ。

 

どうしても、そういう感覚を信じてしまいます。

 

しかし、そうじゃない世界もある

力を抜ていも、速くなれるということを知って欲しいです

 

Follow me!

関連記事

  1. 【レポート①】メール通信トレーニング 50代女性の場合 時速6.…
  2. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
  3. 中国遠征で失ったもの
  4. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  5. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  6. 前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです
  7. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  8. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
PAGE TOP