ブログ

50㎞競歩最後1枠を決める最大ポイント!!どのラップで5㎞20分台で歩くか?

日本記録が樹立された50㎞競歩の川野選手のラップを見てみましょう

5km 21:50
10km 21:47
15km 22:00
20km 20:27
25km 21:21
30km 21:52
35km 21:28
40km 21:54
45km 21:44
50km 22:22

20kmでハイラップの20分台が出ています。

ここでこの大会2位だった丸尾選手は離れてしまいました。

しかし、じりじりと追いあげて、30㎞で追いつきました

ですが、45㎞で再び離されてしまいました。

離された40-45㎞のラップをみると10秒しか上がっておらず、

決して極端に上がった訳ではありませんでした。

ハイラップで離されたの分を追いつくために、スタミナを使い

僅か10秒のペースアップでも苦しくなってしまったのかもしれません。

 

2019年輪島大会で鈴木選手が出した日本記録(当時)のラップは

5㎞ 22:21
10㎞ 21:57
15㎞ 22:00
20㎞ 21:56
25㎞ 22:08
30㎞ 22:10
35㎞ 21:38
40㎞ 20:49
45㎞ 21:14
50㎞ 22:44

苦しいところ35-40㎞でハイラップの20分台で

2位に入った川野選手を鈴木選手は突き放しました。

川野選手もこの時は20:58で追いすがり

最後の45-50㎞のラップは鈴木選手より30秒速いラップでしたが

追いつくことは出来ませんでした。

 

ハイラップを作ることは自分のスタミナを奪う「諸刃の剣」です。

ですが、競る相手に対して有効な攻撃になります。

それを川野選手は高畠で早い段階で使いましたが、

結果は素晴らしい判断となりました。

鈴木選手は非常に効果的なきつい場面で使い、

最後まで勝負をもつれさせませんでした。

 

誰が、どのタイミングでこの「5㎞20分台」というハイラップを作るのか?

そこにも注目したいと思います

Follow me!

関連記事

  1. 前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別…
  2. 2022年世界陸上オレゴン 女子35㎞競歩レビュー明日の男子35…
  3. 柔道金メダリストとバッタリ出会ったので、、、声を掛ける
  4. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  5. 大阪での講習会、本当はこの日程で九州開催のつもりでした・・・
  6. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  7. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  8. ふくらはぎは第2の心臓
PAGE TOP
PAGE TOP