ブログ

暑い時期でのトレーニングで体重を気にした方が良い場合と、気にしなくて良い場合。

まだまだ、残暑が続いています。

こうなると、発汗量も多く、トレーニング後の体重もかなり減ります

 

そうなると、トレーニングで合わせて「体重も減らしたい!」

っと思っている方にはうれしいことだと思います。

 

ですが、暑い時期でのトレーニングで体重で気を付けたいのは

体重が増える、ことより、実は減ることです。

 

前述の通り、

体重が減ると嬉しくて本当は摂らないといけない「水分量」を我慢したり

食べなかったすると、身体の体液が濃くなりすぎたり、

必要なエネルギーや栄養が補給できずに夏バテ気味になります。

そうなると、継続的に良い練習が出来なくなります

 

しっかり動いて、汗もかいているのに体重が増えている

これは、気にする必要はありません

(あくまでも発汗してしっかり運動が出来ている前提)

しっかりと栄養が摂れており、夏バテせずに動けている証拠

こちらの方が、体重が減るより良いと思います。

 

体重の60%は水分。

汗などで体外に出た水分をしっかり摂らないと

この60%を維持できず、身体に大きな負担を掛けます。

 

夏場の体重の減り過ぎには気を付けましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪、延期の風が吹いてきた。。。 年内?1年後?2年後?
  2. 収録が来週に2本
  3. 日本選手権35㎞競歩 男子を展望したいと思います
  4. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  5. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  6. 世界陸上ドーハ大会 20㎞競歩で金メダル 解説後記
  7. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
  8. ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「…
PAGE TOP
PAGE TOP