ブログ

トップアスリートが真剣な大会なのに超ゆっくり歩いてくれている貴重な動画

世界陸上2019ドーハ大会で50㎞競歩の動画です。

気温が30度なので、かなり遅いペースです。

動画の9分くらいからスタートしますが超ゆっくりです。

通常、4’30/㎞くらいで歩きますが、この高温なので5’00/㎞。

どれぐらい遅い方という、今の私でも歩けるくらい(笑)

 

その代わり、あまりにもゆっくり歩くのでフォームが良く観察できます。

「腰は振ってなどいない」

イメージは怖いですね。腰は横ブレはほとんどしません。

「頭の上下動がほとんどない」

重心がほとんど左右上下にブレていないのがよく分かります。

「安定した腕振りの軌道」

腕振りが低く安定しているのがよく分かります。

「低い足の軌道」

足が持ち上がるということがまったくありません

 

世界陸上という大舞台ですが、高温だからこそゆっくり歩いてくれているトップ選手たち

ご自身の体型に合った選手のフォームをしっかり観察してみて下さい

きっとヒントが見つかると思います

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ウェーブ歩…
  2. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  4. つい、感傷に浸る
  5. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
  6. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  7. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 新たに手にした武器と共にメダ…
  8. メダル至上主義
PAGE TOP
PAGE TOP