ブログ

マラソン大迫選手の合宿地にケニアを選んだ覚悟から思うこと

東京五輪マラソン代表大迫選手の特集をしていました。

そこで大迫選手が語っていたことが印象的でした。

ケニアで五輪直前まで合宿をしているのですが、

 

合宿地になぜケニアを選んだか?

っという問いにいくつか理由を答えていましたが

 

一番印象に残ったのが

 

「日本だと同じペースで練習できる練習相手は数人しかいないけど、

ここ(ケニア)だと、練習相手のほとんどは自分より速い選手」

 

強くなるために大事のは

「自分が弱いと知ること」

だからこそ、練習をする訳で。

 

自分の強さに胡坐を掛ける環境では強くなれるスピードは

どうしても、遅くなります。

 

大迫選手の取り組みが、どういう形で結実するのか?

今からワクワクしています。

 

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  2. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  3. 40代以降で競歩をしようとすると苦労する、、、膝を伸ばすというこ…
  4. 時速12㎞だと心拍数はランでは?競歩では?どれぐらい???
  5. フォーム重視で歩いてみた、東京エクストリームウォーク42.195…
  6. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  7. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
  8. 健康の「負のスパイラル」を断ち切る方法
PAGE TOP
PAGE TOP