ブログ

マラソン大迫選手の合宿地にケニアを選んだ覚悟から思うこと

東京五輪マラソン代表大迫選手の特集をしていました。

そこで大迫選手が語っていたことが印象的でした。

ケニアで五輪直前まで合宿をしているのですが、

 

合宿地になぜケニアを選んだか?

っという問いにいくつか理由を答えていましたが

 

一番印象に残ったのが

 

「日本だと同じペースで練習できる練習相手は数人しかいないけど、

ここ(ケニア)だと、練習相手のほとんどは自分より速い選手」

 

強くなるために大事のは

「自分が弱いと知ること」

だからこそ、練習をする訳で。

 

自分の強さに胡坐を掛ける環境では強くなれるスピードは

どうしても、遅くなります。

 

大迫選手の取り組みが、どういう形で結実するのか?

今からワクワクしています。

 

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 第105回 日本選手権20㎞競歩 レビュー 最初で最後の給水写真…
  2. 片麻痺の方の、段差トレーニング
  3. ビルドアップウォークは楽しい!?
  4. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  5. 稀勢の里の引退に想う事
  6. ウォーキングでも、ランニングでも 初心者でもベテランでも共通して…
  7. 練習時間が少なくても、サブ4でマラソンを走るために大切な3つのこ…
  8. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
PAGE TOP
PAGE TOP