ブログ

男子20㎞競歩 東京五輪、強豪海外勢は?イケメンが日本選手に立ちはだかる!

どんな海外勢が日本選手にライバルになるのか?
紹介したいと思います

ランキング2
ペルセウス カルストローム (スウェーデン)

2021年3月 スペイン ムルシア 1:18’45 OP位
2021年5月 ヨーロッパカップ 1:18’54 19-21連覇
2021年6月 ラコルーニャ 1:19’44

PB5000m18’32
PB20km1:18’07

今季はヨーロッパカップも連覇し、好調!
2019年世界陸上ドーハでも追い上げを見せて3位に。
オーストラリアで合宿で一緒になりましたが、「大きな選手」という印象だけも
結果も残せる選手に成長!

ランキング3
ディエゴ・ガルシア(スペイン)


2021年 3月 スペイン選手権 1:19’40 1位
2021年 5月 ヨーロッパカップ 1’19’19 3位
2021年 6月 ラコルーニャ 1’19’37 1位

PB20km 1:18’58
PB5000m 19’03

今季はカルストローム選手にも勝っており好調、侮れない

ランキング4
アルバロ・マルティン(スペイン)

2021年 3月 スペイン選手権 1:20’59 3位
2021年 5月 ヨーロッパカップ 1’19’14 2位
2021年 6月 ラコルーニャ 1’19’59 3位

PB5000m 18’39
PB20km 1:19’14
今季の成績でランキング上位に来ていますが
ドーハ世界陸上は22位と暑さには弱い印象

ランキング5
ヴァシリ・ミズノフ(ANA
2021年 2月 ロシアチーム選手権 1:18’45 1位
2021年 6月 国際競歩フェスティバル ラトビア 1:23’36 2位

PB5000m 18’25
PB20km 1:18’32

今季も好調を維持!レベルの高い国内レースを優勝できる力は
メダル争いが出来る証拠!
2019年ドーハも暑さの中、最後のラップは山西選手を上回り
カルストローム選手を抜いて2位になり暑さにも強い!

ランキング6
王カイフア

2021年 3月 1:16’54
2021年 5月 DNF(19’20-19’37=38’57)調整練習?怪我?

PB 20km 1:16’54
世界記録に迫る1時間16分台を出し、今季好調
世界競歩チーム選手権2016年は勝てているが、
「速い」選手だけど「強い」選手ではない印象も
メダル争いは絡みそう

ランキング12
エイダー・アレバロ

2021年 1月 ポルトガル 1:22’04
2021年 3月 スロバキア 1:20’24
2021年 4月 チェコ 1:21’04
2021年 5月 パンアメリカ 1:21’37

PB 20km 1:18’53
今季はパンアメリカを優勝し、
勝ちにこだわれる「強い」選手
日本選手を苦しめるスパートは驚異

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法
  2. 酷暑の五輪 選手の想いを叶えてあげたいこと
  3. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  4. 世界競歩チーム選手権の20㎞競歩団体金メダルが忘れられない日にな…
  5. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  6. 東京五輪が最後!曲者揃いの男子50㎞競歩 世界の強豪
  7. なんとか四半期のスケジュールを立てました!
  8. 身体の疲労を回復させる2大要素
PAGE TOP
PAGE TOP