ブログ

東京五輪競歩TV解説 裏話その2 トマラ選手

「トマラが止まらない」

50㎞競歩で、トマラ選手が集団を抜け出して

2位グループをどんどん引き離し始めたとき、

50㎞競歩でも、20㎞競歩でも全く実績がなく、

トマラ選手を逃がした、2位グループ同様に、

「きっとそのうちに、ペースが落ちてく集団に拾われるだろう」

っと考えて、トマラ選手の飛び出しを見てました。

 

トマラ選手の1㎞のラップは4’16前後、

これは、かなり速く、暑くなり始めた段階で

このペースに上げるのはリスクは高く、

最初にトマラ選手のラップを手元で画面を見ながら計測したとき

測り間違えったと思って、解説をしませんでした。

 

しかし、実際は間違えていなく、

トマラ選手はどんどん後続を引き離す。

 

さすがに止まるだろう(ペースが遅くなるだろう)っと思った

30㎞付近でもペースは衰えない、

 

そこで頭に浮かんだのが

「トマラ、止まらない」

 

完全なる「おやじギャグ」

しかし、ペースの落ちないトマラ選手をどう視聴者に伝えるか?

悩みました。

 

「トマラ選手、ペースが落ちませんねぇ」

言葉に緊張感が無くて伝わり難い

 

トマラ、止まらない。。。

これは、もう、サラッと言うしかない!

っと思って、

 

「トマラ選手、止まりませんねぇ」

すると少し間をおいて、隣の実況アナウンサーが

「柳澤さん、いまの「おやじギャグ」ですよね」っと言った雰囲気で

こちらを向くのが分かる

けど、恥ずかしくて無視してしまいました(笑)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?
  2. 【選手のときのはなし】ドイツの試合で、3m競歩をする
  3. 東京エクストリームウォーク 膝の骨折経験があっても20時間でゴー…
  4. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  5. 【競歩】世界競歩チーム選手権、代表決定!
  6. 勉強させてもらいます!
  7. 半裸の女性が走って迫ってくる、クリスマスイブの思い出 
  8. GPS精度はここまで向上 ガーミンの場合
PAGE TOP
PAGE TOP