ブログ

東京五輪競歩TV解説 裏話その2 トマラ選手

「トマラが止まらない」

50㎞競歩で、トマラ選手が集団を抜け出して

2位グループをどんどん引き離し始めたとき、

50㎞競歩でも、20㎞競歩でも全く実績がなく、

トマラ選手を逃がした、2位グループ同様に、

「きっとそのうちに、ペースが落ちてく集団に拾われるだろう」

っと考えて、トマラ選手の飛び出しを見てました。

 

トマラ選手の1㎞のラップは4’16前後、

これは、かなり速く、暑くなり始めた段階で

このペースに上げるのはリスクは高く、

最初にトマラ選手のラップを手元で画面を見ながら計測したとき

測り間違えったと思って、解説をしませんでした。

 

しかし、実際は間違えていなく、

トマラ選手はどんどん後続を引き離す。

 

さすがに止まるだろう(ペースが遅くなるだろう)っと思った

30㎞付近でもペースは衰えない、

 

そこで頭に浮かんだのが

「トマラ、止まらない」

 

完全なる「おやじギャグ」

しかし、ペースの落ちないトマラ選手をどう視聴者に伝えるか?

悩みました。

 

「トマラ選手、ペースが落ちませんねぇ」

言葉に緊張感が無くて伝わり難い

 

トマラ、止まらない。。。

これは、もう、サラッと言うしかない!

っと思って、

 

「トマラ選手、止まりませんねぇ」

すると少し間をおいて、隣の実況アナウンサーが

「柳澤さん、いまの「おやじギャグ」ですよね」っと言った雰囲気で

こちらを向くのが分かる

けど、恥ずかしくて無視してしまいました(笑)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. テン6ウォーク初 W10達成(時速10㎞で10㎞の達成!)
  2. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
  3. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 雨の日ウォーキング対…
  4. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  5. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  6. ウォーキング や 競歩 の講習会は1回受ければ充分???
  7. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
  8. 高校生へのパーソナルで思ふ
PAGE TOP
PAGE TOP