ブログ

【健康ウォーキング】腕を振って歩くは、ウォーキングの健康効果を高める

そもそも、健康効果を高める!というのは

どういう状態でしょうか?

「身体へ適切な負荷を掛けられる」

「無理な動作でなく、身体を使えて血流が促せている」

 

この2つは、「腕を振る」ことで得られやすいです。

腕が振れる、自然と歩くスピードを上げることが出来ますし

歩くという動作で、下半身だけでなく上半身も使えるので

心拍数も上がりやすくなり、無理にスピードを上げなくても

心拍数が上がり、心肺機能が鍛えやすくなります

 

腕を振ることは、「背中を動く」ということがしやすくなります

背中には大きな筋肉が2つあります。僧帽筋と広背筋

この2つが大きく動いてくれるので、血流も促せます。

 

くれぐれも、気を付けたいのは

二の腕が身体から離れるように腕を振ること。

 

そうしないと、健康効果を高める腕振りになり難いので

気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング初級レベル】の皆さん、ご自身の歩くフォームを動画で…
  2. ウォーキング 腕振りが変わることでスピードの「ギア」が変わった、…
  3. 動画付き競歩講習会in代々木公園 2020年6月
  4. ウォーク、小さな(狭い)歩幅で、時速7㎞以上を楽に出す練習
  5. WEB競歩講習会! 全3回で課題をクリアしながら進める講習会です…
  6. 【健康のために】心臓と肺を強くする、ウォーキング 来ないことを願…
  7. ウォーキング 競歩 でフォームをチェックするときはスローで見るべ…
  8. 【健康ウォーキング】上下動させないことは、身体への負担を小さくす…
PAGE TOP
PAGE TOP