BLOG

ウォーキングブログ

【健康ウォーキング】腕を振って歩くは、ウォーキングの健康効果を高める

そもそも、健康効果を高める!というのは

どういう状態でしょうか?

「身体へ適切な負荷を掛けられる」

「無理な動作でなく、身体を使えて血流が促せている」

 

この2つは、「腕を振る」ことで得られやすいです。

腕が振れる、自然と歩くスピードを上げることが出来ますし

歩くという動作で、下半身だけでなく上半身も使えるので

心拍数も上がりやすくなり、無理にスピードを上げなくても

心拍数が上がり、心肺機能が鍛えやすくなります

 

腕を振ることは、「背中を動く」ということがしやすくなります

背中には大きな筋肉が2つあります。僧帽筋と広背筋

この2つが大きく動いてくれるので、血流も促せます。

 

くれぐれも、気を付けたいのは

二の腕が身体から離れるように腕を振ること。

 

そうしないと、健康効果を高める腕振りになり難いので

気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. Voicyでテーマにした#ウォーキング の姿勢の話
  2. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  3. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  4. 66才 女性 ウォーキング テン8(時速8kmで10km)は、ト…
  5. 女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8…
  6. 運動経験無しから、初マラソンサブ4.5 #マラソン #サブ4.5…
  7. スー、と「歩く」 擬音シリーズ
  8. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
<<
PAGE TOP