ブログ

【ウォーキング・ランニング】前の人に追いついた!、その時にとるべき選択は???

ウォーキング・ランニングをしていて
前方の人に、追いつくということは、良くあることです。

そのとき、判断に迷う場面があるかと思います。

○自分のペースを維持しながら、前の人を「抜いて」進むのが良いのか?
○一旦、追いついた人のペースに合わせて、後ろに「ついた方」が良いのか?

「抜くべきか?」「つくべきか?」
一概にどちらが良いという訳ではなく
この判断は、「目的」「状況」によって、変わってきます。

多くの場合は、抜いてしまい「Myペース」を維持するのが
良い結果につながる場合が多いです。
「目的」が自己記録更新なら、「抜く」「つく」とは関係なく、
自分のペースを維持するのが大切です。

ただし、ペースがきついなと感じているときに、前の人(前の集団)に
追いついた場合は、残り距離に自分のスタミナが持つのか、持たないかを
考えて、前の人(前の集)について呼吸を整え、落ち着かせることで
スタミナが復活します。

ですから、この場合は「ついた」方が正解になります。

特に「自分でペースを作るのが苦手」という方は、
一人で歩いたり走ったりせずに、誰かつくことでペースメーカーを作る

というのは、非常に有効な手段です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング(競歩)で、速く歩こうとするときに、意識していること…
  2. スポーツの上達は、運動神経ではありません。洞察力・表現力・再現力…
  3. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  4. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
  5. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  6. 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を鍛えるウォーキングの仕方
  7. 競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=
  8. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
PAGE TOP
PAGE TOP