ブログ

【ウォーキング・ランニング】前の人に追いついた!、その時にとるべき選択は???

ウォーキング・ランニングをしていて
前方の人に、追いつくということは、良くあることです。

そのとき、判断に迷う場面があるかと思います。

○自分のペースを維持しながら、前の人を「抜いて」進むのが良いのか?
○一旦、追いついた人のペースに合わせて、後ろに「ついた方」が良いのか?

「抜くべきか?」「つくべきか?」
一概にどちらが良いという訳ではなく
この判断は、「目的」「状況」によって、変わってきます。

多くの場合は、抜いてしまい「Myペース」を維持するのが
良い結果につながる場合が多いです。
「目的」が自己記録更新なら、「抜く」「つく」とは関係なく、
自分のペースを維持するのが大切です。

ただし、ペースがきついなと感じているときに、前の人(前の集団)に
追いついた場合は、残り距離に自分のスタミナが持つのか、持たないかを
考えて、前の人(前の集)について呼吸を整え、落ち着かせることで
スタミナが復活します。

ですから、この場合は「ついた」方が正解になります。

特に「自分でペースを作るのが苦手」という方は、
一人で歩いたり走ったりせずに、誰かつくことでペースメーカーを作る

というのは、非常に有効な手段です。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
  2. 完成!初心者向け!実践!競歩ウォームアップ
  3. 競歩・ウォーキング ピッチ(回転数)を上げるためにいしきしたいこ…
  4. ウォーキング初心者や、ウォーキングで厚底シューズを履く皆さんへ伝…
  5. ウォーキング、膝下の振り出しが難しい。福岡 最後の講習会を向けて…
  6. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  7. 【ウォーキング】脚を振り出し着地して抜くまでの感覚が左右で何か違…
  8. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
PAGE TOP
PAGE TOP