ブログ

【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

明らかに「追い抜くべきポイント」

 

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイントでしょう

 

「追いつくのに疲れた」からといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に離して勝負をつけるタイミング、と言って良いでしょう

 

相手の思考にたって、嫌がることをする

それが「勝負」の観点で見ると、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている、という時は、、、「疲れてペースを上げられない」

・後ろから追い上げられて追いつかれたくなく、もがいている、という時は、、、「必要以上に体力を使う」

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい、と相手が考えているとしたら、、、つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたらかなりきつい

 

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

 

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

【追いついたら一気に抜き去る】、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 運動履歴が乗馬の60代後半女性が時速8.7㎞でウォーキングしたと…
  2. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  3. ナイキの厚底シューズは「競歩」に向いているか?時速10㎞で履き比…
  4. 100kmウォークを秋に挑戦する方がこの時期にするべきこと
  5. ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと
  6. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  7. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  8. 自分の感覚を「言語化する」ためのポイント
PAGE TOP
PAGE TOP