ブログ

【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

明らかに「追い抜くべきポイント」

 

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイントでしょう

 

「追いつくのに疲れた」からといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に離して勝負をつけるタイミング、と言って良いでしょう

 

相手の思考にたって、嫌がることをする

それが「勝負」の観点で見ると、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている、という時は、、、「疲れてペースを上げられない」

・後ろから追い上げられて追いつかれたくなく、もがいている、という時は、、、「必要以上に体力を使う」

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい、と相手が考えているとしたら、、、つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたらかなりきつい

 

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

 

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

【追いついたら一気に抜き去る】、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!…
  2. 「ストロール」 初心者のための競歩のトレーニング youtube…
  3. 【ウォーキング・競歩】楽に・速くの極意、とは?
  4. 東京五輪競歩TV解説 裏話その1
  5. ウォーキング・競歩のためのスピードを上げるピッチを作るコツ ブロ…
  6. ウォーキング・競歩で「ふくらはぎ」が筋肉痛になる。。。フォームを…
  7. 【ウォーキング・競歩 早く歩く コツ】足は連動で勝手に前に出る、…
  8. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
PAGE TOP
PAGE TOP