BLOG

ウォーキングブログ

【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

明らかに「追い抜くべきポイント」

 

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイントでしょう

 

「追いつくのに疲れた」からといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に離して勝負をつけるタイミング、と言って良いでしょう

 

相手の思考にたって、嫌がることをする

それが「勝負」の観点で見ると、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている、という時は、、、「疲れてペースを上げられない」

・後ろから追い上げられて追いつかれたくなく、もがいている、という時は、、、「必要以上に体力を使う」

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい、と相手が考えているとしたら、、、つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたらかなりきつい

 

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

 

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

【追いついたら一気に抜き去る】、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 2022年世界競歩チーム選手権 男子20㎞競歩、金メダルと銀メダ…
  2. YouTube動画UPしました!「楽に」「速く」「安全に」#ウォ…
  3. 時速8.4㎞(7’08/㎞)を短期間で歩けるようになった60代男…
  4. 【早く歩く ウォーキング】 「軸」を意識することの重要性
  5. 「軽快にウォーキング」そのために必要なこと!軽快にウォーキング出…
  6. 擬音で表現して相手に伝えるために
  7. #Voicy かかと着地は大事です!を音声で解説
  8. 東京グレートレース250㎞!!!完「歩」おめでとうございます!
<<
PAGE TOP