ブログ

【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

明らかに「追い抜くべきポイント」

 

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイントでしょう

 

「追いつくのに疲れた」からといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に離して勝負をつけるタイミング、と言って良いでしょう

 

相手の思考にたって、嫌がることをする

それが「勝負」の観点で見ると、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている、という時は、、、「疲れてペースを上げられない」

・後ろから追い上げられて追いつかれたくなく、もがいている、という時は、、、「必要以上に体力を使う」

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい、と相手が考えているとしたら、、、つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたらかなりきつい

 

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

 

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

【追いついたら一気に抜き去る】、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 走ってはいけません。ウォーキング大会ですから。 東京エクストリー…
  2. ジョグ歩とウォーキングの違い
  3. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  4. ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手…
  5. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
  6. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  7. 競歩・ウォーキングのための、家でもできる腕振りトレーニング
  8. 片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるた…
PAGE TOP
PAGE TOP