ブログ

プロの世界にいると忘れてしまいがちになる「努力することの美しさ」

プロの世界は、「結果」を求められます。

それは、当然のことで、努力をしないで「結果」にはたどり着きません。

努力にはフォーカスされず、結果にだけフォーカスされます。

例えば東京五輪にアスリートがフォーカスされるのは

「メダルを獲得した選手だけ」でダイジェストが作られます。

メダルを獲得するのは時には努力だけなく、「運」が左右する要素もありますが

努力をしたことフォーカスするメディアは極僅か

あったとしても「感動ポルノ的」な、見せ方になってしまう場合が多いです

 

プロにとって努力することは「当然」というか「必要最低限」のことです。

だから、努力すること「美しさ」を忘れがちになります。

 

ですが、「純粋な努力」に触れると

努力の美しさに心打たれます。

ただただ、上手になりたい

ただただ、過去の自分を越えたい

ただただ、出来なかったことを出来るようになりたい

 

そこには、「メダル」なんてありません。

ただの自己満足だけかもしれませんが、

 

「努力することの美しさ」

 

これはとても尊いことだと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 年末年始 で 太る!という方【ウォーキング・競歩】で、糖質をたく…
  2. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  3. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  4. 東京エクストリームウォーク 夜、ウォークするからこそ出来ること
  5. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  6. トップアイドルの座を捨てて、悲願の日本一
  7. 柳澤メモ、始めます!
  8. 女性ランナーで「ランで膝が痛くなる方」が、ウォーキングからフォー…
PAGE TOP
PAGE TOP