ブログ

プロの世界にいると忘れてしまいがちになる「努力することの美しさ」

プロの世界は、「結果」を求められます。

それは、当然のことで、努力をしないで「結果」にはたどり着きません。

努力にはフォーカスされず、結果にだけフォーカスされます。

例えば東京五輪にアスリートがフォーカスされるのは

「メダルを獲得した選手だけ」でダイジェストが作られます。

メダルを獲得するのは時には努力だけなく、「運」が左右する要素もありますが

努力をしたことフォーカスするメディアは極僅か

あったとしても「感動ポルノ的」な、見せ方になってしまう場合が多いです

 

プロにとって努力することは「当然」というか「必要最低限」のことです。

だから、努力すること「美しさ」を忘れがちになります。

 

ですが、「純粋な努力」に触れると

努力の美しさに心打たれます。

ただただ、上手になりたい

ただただ、過去の自分を越えたい

ただただ、出来なかったことを出来るようになりたい

 

そこには、「メダル」なんてありません。

ただの自己満足だけかもしれませんが、

 

「努力することの美しさ」

 

これはとても尊いことだと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 委嘱状が2通、届きました。
  2. レビュー2020年日本選手権神戸20㎞競歩
  3. 五輪へと気持ちを向かわせたこと。1995年 アトランタ五輪選考会…
  4. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  5. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 「ウォーキングのため…
  6. 台風19号被災地へのチャリティ講習会
  7. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
  8. GPS精度はここまで向上 ガーミンの場合
PAGE TOP
PAGE TOP