ブログ

【競歩】78歳で75歳の記録更新して自己記録達成した方の「レースの入り方」

先日の東日本マスターズ陸上で

78歳の方が3年前の自己記録を更新しました!

3㎞を40秒更新しました。

一般的には歩行能力は、年々落ちていきます。

特に女性は男性の2倍のスピードで歩行能力が落ちていきます。(こちらのブログ参照)

 

ですが、今回、自己記録を更新できた要因は、、、

=スタートを冷静にフォームの意識を持って歩けた=

どうしても、スタートは勢いよく飛び出してタイムを少しでも早くしたい

っと思う方は多いようです。

ですが、競歩ではそれをしてしまうと返って歩形が乱れて

一歩の効率が悪くなり速く歩けなくなります。

スタートを落ち着いてレースに入れたのはとても良かったです

 

=アップダウンのコースでのトレーニングでスタミナがついた=

坂道のコースを上り下りを走って歩いてトレーニングして、

筋力的な部分を強化できた

 

=継続的なトレーニング=

やはり、継続してトレーニングをしているので

技術的な部分が磨かれて大崩れしなくなったのは大きいです

体調さえよければ、技術力があるので体力があれば

やはり記録は出やすいです。

 

自己記録を出す!のに、年齢的に難しい部分はあるでしょう

ですが、諦める理由もありません。

皆さんも、ぜひご自身への挑戦をし続けて欲しいと思います

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 新型コロナ第2波に備えよう、買い占めなくても備える方法
  2. 名古屋ウィメンズマラソンで12月ランニング禁止から初マラソン3時…
  3. 膝が痛い!でも、痛くなく歩くために気を付けたいことと、歩いた方が…
  4. ロンドン五輪 50㎞競歩金メダリスト ジャレド・タレント選手
  5. ドーピングしてませんか?の続き
  6. 「健康」を目標にしないでウォーキングをした方が、きっと健康になれ…
  7. ウォーキング後で痛みが出る、悪い場合、良い場合
  8. 楽に速く!ウォーキングできる体型に変化すると凹む場所・凸な場所
PAGE TOP
PAGE TOP