ブログ

日本選手権35㎞競歩 男子を展望したいと思います

今週末に、日本で初開催

日本選手権35㎞競歩を展望したいと思います。

日本陸連のサイトでは、谷井さん(世界陸上北京大会銅メダル)も展望していますので

そちらと併せてぜひ35㎞の予備知識を入れておいてください

https://www.jaaf.or.jp/news/article/15991/

 

男子35㎞は、現時点で内定が出ているのは

ワイルドカードの鈴木雄介選手のみ。

つまり、この週末で内定&有力候補が決まります。

現時点で参加有資格選手は

丸尾知司 2:30:11(3:38:42) 勝木隼人 2:35:21(3:42:34) 小林快 2:31:18(3:43:31) 野田明宏 2:30:11(3:45:26) 藤澤勇 2:32:57(3:46:27) 高橋和生 2:37:49(3:47:38)

小林選手・藤沢選手は出場しません。

そうなると、

丸尾知司 2:30:11(3:38:42) 勝木隼人 2:35:21(3:42:34)  野田明宏 2:30:11(3:45:26)高橋和生 2:37:49(3:47:38)

このメンバーに、

五輪メダリスト荒井広宙選手(富士通)、世界陸上20㎞で内定を決めている松永 大介選手( 富士通)

東京五輪入賞 川野将虎選手(旭化成)、若手で成長著しい、諏方 元郁選手(愛知製鋼)

というカオスな感じです。

欠場を発表しましたが、本来はここに世界陸上20㎞金メダリスト山西選手が参戦する予定でした。

 

おそらく、集団の主導権を握るのは、よほど調子が悪くなければ松永選手でしょう。

実は 、鈴木雄介選手が当時の50㎞競歩の日本記録作ったときに35㎞まで4分近く鈴木選手を離して

トップを歩いていたのが松永選手でした。

 

50㎞の試合に20㎞のレース展開を持ち込んだ衝撃的なレースをしました。

今回、50㎞を主戦場としていた選手が、「50㎞の距離が短くなったレース」をしようとすると

結果が付いてこないのでは、、、と考えています。

50㎞で通用していたことを、どれだけ忘れてレース展開も含めて「20㎞競歩の延長としての35㎞」

と捉えている50㎞選手が上位にくると思います。

 

川野選手が20㎞競歩で1時間17分台を出した時の調子にあれば

川野選手が有力だと思いますが、

丸尾選手・野田選手もスピードがあり粘れる選手。

ハイスピードに対応出来れば、チャンスは来ると思います。

 

今までの50㎞競歩と違って、ちょっとした判断ミスが命取りとなるレースになるのは

間違い無さそうです。

基本的には、前でレースをしないと苦しいでしょう。

後半に追いかけるとなると、かなり苦しいレースになると思います。

かといって、前半のハイペースになったときに、どれだけ余力を残せるレースが出来るか?

これもとても難しい綱渡り状態なレースです。

 

観る側とすれば、最高に面白いレースになりますが

選手は本当に大変だなぁっと思わずにはいられません。

 

個人的には、「最後まで我慢できた選手」に勝利の女神がほほ笑むと思います。

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#股関節 #変形性股関節症 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 2021 元旦競歩 お疲れさまでした。
  2. 大会後、なかなか疲労が抜けない、、、という方へ
  3. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  4. 2017世界陸上 メダルへの道①
  5. 「6回倒れても、、、、」五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事…
  6. 昨夜の日本選手権10000m大会の勝敗を分けた腕振り
  7. テン6ウォーク 2021年5月開催
  8. 2007年世界陸上大阪大会 山崎選手への誤誘導事件 競歩のテレビ…
PAGE TOP
PAGE TOP