BLOG

ウォーキングブログ

youtube動画 更新しました! 競歩 歩幅を広げるトレーニング

ピッチ(回転数)を上げるトレーニングを前回UPしましたので

今回はストライド(歩幅)

 

スピードを作る要件はこの2つがメインです。

ウォーキングの方だと、歩幅が狭い方が多く、

歩幅を広げようとして、動きに硬さが出る方も多いです。

ウォーキングの方にも参考にして欲しいです

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#歩幅 #ストライド #股関節 #変形性股関節症 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 膝を伸ばした方が良い理由
  2. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  3. 初マラソン、「実は最初から歩いた方がもっと早くゴールできたのじゃ…
  4. ウォーキングの健康効果を上げる、必ず意識したい2つのこと
  5. 凍結した路面は避けて、ウォーキングしましょう
  6. 「軽快にウォーキング」そのために必要なこと!軽快にウォーキング出…
  7. 東京エクストリームウォーク11月 初めての距離だけどペースはゆっ…
  8. ランが速い=ウォークも速い、とは限りません
<<
PAGE TOP