ブログ

時速7㎞以上でウォーキングするために、「お腹を捻じる」

速く、楽に、歩くには

走れない訳ですから、前に進むのに「跳ぶ」ことはできません。

ブログでも良く書いていることです。

 

如何に「全身を使って歩くのか?」が大事なポイントです。

つまり、上半身と下半身を使うことになる

その要となっているのは。。。「腰」です

 

まさに漢字の通り、要の部分が腰ですが。

しかし、その「腰」自体は実は大きく動かせるものでは無く

腰椎で動かせるの範囲は大きくありません

胸椎という胸の関節を動かすからこそ、腰の関節が連動して動くのです。

 

力任せに速く歩くなら、正直どんな歩き方でも良いでしょう

しかし、「楽に」という言葉つけるなら

腰椎と胸椎は上手に使えないと「楽に」は生まれることはありません。

 

胸椎と腰椎、これをしっかりと連動させて歩く

そうなるとこの2つの関節の間にある「お腹」がとても大事なのが分かります

 

お腹、上手に使って歩いてますか?

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?
  2. 競歩の歩き方をウォーキングに活かす「連動」とは?
  3. 競歩を始めてみようと思っているけど、「難しいのでは?」っと思って…
  4. サブ5に、「歩く」という選択
  5. 競歩だかこそ作れる高速ピッチ(回転数)
  6. YouTube動画、ウォーキングplus競歩で最近、圧倒的に見ら…
  7. テン6ウォーク 2021年9月
  8. マラソン完走のために、ウォーキング で心拍数を150まで上げて、…
PAGE TOP
PAGE TOP