ブログ

ランナーが#ウォーキング でスピードを出そうとして、ついやってしまうこと。 #ランナーが「速くウォーキング」するときno注意ポイント

ランとウォーキング(早歩き・速歩)は違いで

一番決定的なのは、ランは「跳ぶ」、けど、ウォーキングは「跳ばない」ということ。

 

スピードを出そうとするときに、どうしてもランナーは「跳ぶ」ことでスピードを出そうとします

この「跳ぶ」をウォーキングに持ち込むと、上手くスピードが出せずフォームが崩れ

いわゆる「小走り」「ジョグ歩」と呼ばれる状態になります。

この「跳ぶ」でスピードを出すという事を

つま先で地面を蹴る、膝の曲げ伸ばしで蹴る、もしくはその両方、で行ってしまいます。

そうなると、明らかに重心の「上下動」の振幅が出てくるので、

自身でも走っている、という感覚になってくると思います。

ウォーキングで早く歩きたい!っと思ったときに、

感覚として「走っているかも?」っと自覚のある状態は、

上下動がかなりある状態でしょう。

 

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

脚が悪くてうまく歩けない、ウォーキングから健康作りをしたい、

いきなりランニングがハードルが高い!

膝が痛くて走れないけど、ウォーキングだけだと物足りない!、という方も

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#ウォーキングが遅い #健康ウォーキング #厚底シューズ #ウォーキング #厚底シューズでウォーキング #ファストウォーキング #ストライド #歩幅を作る #時速7㎞ウォーキング #競歩 #ランニング #早歩き #体幹トレーニング #膝痛 #パーソナルウォーキング #ウォーキングトレーナー #サブ4 #サブ5 #歩いてランを抜く #テン6 #UWTT #ウォーキングコーチ #パーソナルトレーナー #膝が痛い #膝痛 #代々木公園

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩けている!という感覚、一般ウォーカーとアスリートでの大きく…
  2. 速くウォーキングしてみよう!時速7㎞でウォーキング
  3. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  4. ウォーキング・競歩で、リズムよく歩くために気を付けたいこと
  5. 室内で出来るウォーキングトレーニング。明日は関東地方も雪予報、、…
  6. 膝が内側に曲がる、という変形膝関節症でも時速5.5㎞でウォーキン…
  7. youtube 65-77歳から競歩の歩き方  スポーツとして「…
  8. 久しぶりにウォーキング講習会を代々木でやりました!
PAGE TOP
PAGE TOP