ブログ

健康のための#ウォーキング 、「効果」を上げるために大切なこと #痛み

健康のためのウォーキング、「効果」を上げるために大切なこと

 

痛みがある場合は無理をしない、

これは健康のためのウォーキングでとても大な事です。

ウォーキングに出かける前から、どこかしらに「痛みがある場合」は

多くの方はおそらくウォーキングに出かけないと思います。

ですが、ウォーキングをしている最中に、

どこかしらに「痛み」が出てしまう方は案外多いと思います。

ウォーキングをしている最中に出る「痛み」というのは

様々な理由で起きてきます。

「歩き方」「シューズ」「無理なスピード」「体力以上の時間を歩く」「筋力不足」「負荷の掛け方(ダンベルもって歩くなど)」などなど

「痛みが起きる」ということは、必ず原因があるということ。

では、それをどうやって探るか?これはとても難しい問題です。

フォームが良くなくてもそれを補完するシューズがあり、シューズを変えて痛みが無くなれば

「フォームが悪いのではなく、シューズが悪かった」になってしまいます。

 

これで解決してしまうと、自分のフォームの課題に気づきにくくなってしまうという側面もあります。

いずれにせよ、ウォーキングをしている最中に「脚が痛くなる」場合は

痛みをおしてウォーキングをせずに、ペースを遅くする、フォームに気をつけるなどを意識して

中断して帰宅した方が良いでしょう

 

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

脚が悪くてうまく歩けない、ウォーキングから健康作りをしたい、

いきなりランニングがハードルが高い!

膝が痛くて走れないけど、ウォーキングだけだと物足りない!、という方も

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#ウォーキングが遅い #健康ウォーキング #厚底シューズ #ウォーキング #厚底シューズでウォーキング #ファストウォーキング #ストライド #歩幅を作る #時速7㎞ウォーキング #競歩 #ランニング #早歩き #体幹トレーニング #膝痛 #パーソナルウォーキング #ウォーキングトレーナー #サブ4 #サブ5 #歩いてランを抜く #テン6 #UWTT #ウォーキングコーチ #パーソナルトレーナー #膝が痛い #膝痛 #代々木公園

Follow me!

関連記事

  1. 歩いて【マラソンのサブ6】を狙う、ウォーキングトレーニングの〈第…
  2. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!
  3. 長くスポーツとして#ウォーキング ・#ランニング を楽しむために…
  4. テン6ウォーキングお疲れ様でした
  5. 体重を使ってますか?
  6. 寒い、、、そんな時は、いつウォーキングすれば良い?
  7. 風邪など、#病み上がりのウォーキング で、気を付けたいこと
  8. 【エクササイズ+ウォーキング】の組み合わせを70歳前後からでも始…
PAGE TOP
PAGE TOP