ブログ

90年ぶり!距離変更 2022世界陸上 オレゴン! 50㎞競歩→35㎞競歩へ 距離が変わって予想されること!

いよいよ、新時代に突入です。

来年の世界陸上の競歩は50㎞競歩が35㎞競歩となり

男女で開催されます。

その選考会もいよいよ開催されます。

 

50㎞から35㎞、世界陸上の歴史で見ると【初めての距離変更】

五輪から見ると1932年ロサンゼルス五輪から、なんと90年ぶりの距離変更です。

 

20㎞はそのまま残るので、50㎞の選手が35㎞に合わせていくと思いますが

日本の場合は、20㎞と50㎞のボーダレス化が進みました。

20㎞世界記録保持者が50㎞競歩の世界陸上金メダリストは鈴木雄介選手。

その鈴木雄介選手50㎞競歩のタイムより自己記録が速いの選手は

日本では2名もいます(川野選手・丸尾選手)

 

スピード化が進んできた50㎞競歩が35㎞と距離が短くなり

スピードのある選手が有利になりやすいと考えます。

そうなると、20㎞でスピードのある選手が35㎞も視野に入れるのは

当然のことでしょう。

もしくは、20㎞・35㎞の両方で結果を出そうとする選手は

世界的にも多くなると思います。

 

東京五輪の競歩は50㎞から35㎞になる

2022年以降の競歩の流れがどうなるのか?

が見えてくる大会になるでしょう

 

 

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 第2弾 男子20㎞競歩ナショナルチーム合宿が迫る!
  2. 二の腕を細くする、一番のエクササイズとは?
  3. 100㎞を《歩いて》9時間53分04秒でゴール サロマ湖100㎞…
  4. 東京エクストリームウォーク対策 手はむくみ、足はうまく曲げれなく…
  5. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  6. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  7. 放送席から見た東京五輪 競歩中継裏話 無料youtube配信 8…
  8. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
PAGE TOP
PAGE TOP