ブログ

東京五輪 女子20㎞競歩展望

男子より気温が高くなりそうな女子20㎞競歩

「速さ」と「暑さへの耐性」があるか?が展望のヒントとなりそう

中国代表3選手は、この「速さ」と「暑さへの耐性」を兼ね備える

 

今回の競歩競技で一番高い気温でレースをすることになる、

ペースは決して速くならない。

 

ここまでの男子20㎞・男子50㎞のレース展開をみると、

レース序盤早めに前に飛び出した選手は

ことごとく厳しい結果になっているだけに

女子は更に慎重になるだろう。

おそらく、5分/㎞前後くらいで中国3選手引っ張る。

大集団のまま、13㎞を過ぎた辺りで

打倒、劉選手を掲げる同じ中国選手、シンジエ選手・楊選手が出る

 

後半に向けて、「先手」をとる

これがメダル獲得に効果が高い戦法となっている今大会

今季世界記録を出しているシンジ選手が思い切ったレースをする

 

そこにどこまで自己記録の高いイタリア勢

モレホン選手(エクアドル)・ドラホトバー選手(チェコ)・ハサノワ選手(ROC)

が絡む。

海外勢の積極的なレースに、岡田・藤井・河添選手、

しっかり対応したい。

 

20㎞は後半は涼しくなっていく、10㎞過ぎに起こる最初のスピードアップに

どう対応するか?

そこがメダル獲得のポイントになるでしょう

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. まったく参考にならないマラソンでサブ3するためのメニュー
  2. 自分のフォームを第3者に見てもらい、悪癖を知ろう
  3. 東京五輪女子20㎞競歩代表 岡田久美子 世界ランキング8位(10…
  4. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  5. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?のつづき
  6. ウォーキング 競歩 メンタルとパフォーマンスは一体です。
  7. ウォーキング 競歩をすると、「脛(すね)」が痛くなる方へ
  8. 塩谷にて講習会をしてきました!
PAGE TOP
PAGE TOP