ブログ

五輪選考会で痛恨の失格から。1995年 アトランタ五輪選考会

1995年10月 五輪選考会で失格してしまい

五輪出場への後がなくなりました。

 

この頃のことで良く覚えているのは

「オリンピック出れる?」

っと聞かれたときに

「当然出れます!」

っと答えていました。

選考会で失格したのに(苦笑)

 

そう返事をしていた理由は、

失格して後がなくなった自分を奮い立たせたかった、以外のなにものでも無かったです。

「自分で自分を信じなくて、誰が五輪に出れるという事を信じてくれるんだ!」

っと鞭打つ感じです。

 

そして、1996年1月日本選手権が神戸で開催されます

なんとか1時間22分02秒で優勝。

首の皮一枚、つながった。これが正直な感想でした。

 

これで、ライバルとは1勝1敗のイーブンになりました。

ただ、1敗の私の負け方は良くなった。

なにせ「失格」なので。

 

ライバルは「優勝」「2位」・私は「失格」「優勝」

どうしても印象として選ぶ側もイーブンとは思わないでしょう。

そうなると、最終選考会では最低ラインとして「優勝」

そして、「勝ち方」や「記録」も求められる。

 

首の皮はつながったけど、まだまだ自分が不利な状況にあり

決してライバルとイーブンではない、という気持ちは

日々の焦燥感を強くさせていきました。

 

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. 2022年 明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い…
  2. ランによる膝への負担を、「競歩」の技術で減らす
  3. 第4回 飯塚〜武雄 100km 中止にイベントをいろいろと主催す…
  4. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  5. 行橋‐別府100kmまで約2週間 トレーニングとコンディションの…
  6. ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「…
  7. 105㎞ウォークトップゴール Sさんのからお礼メールから見るトッ…
  8. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
PAGE TOP
PAGE TOP