ブログ

五輪選考会で痛恨の失格から。1995年 アトランタ五輪選考会

1995年10月 五輪選考会で失格してしまい

五輪出場への後がなくなりました。

 

この頃のことで良く覚えているのは

「オリンピック出れる?」

っと聞かれたときに

「当然出れます!」

っと答えていました。

選考会で失格したのに(苦笑)

 

そう返事をしていた理由は、

失格して後がなくなった自分を奮い立たせたかった、以外のなにものでも無かったです。

「自分で自分を信じなくて、誰が五輪に出れるという事を信じてくれるんだ!」

っと鞭打つ感じです。

 

そして、1996年1月日本選手権が神戸で開催されます

なんとか1時間22分02秒で優勝。

首の皮一枚、つながった。これが正直な感想でした。

 

これで、ライバルとは1勝1敗のイーブンになりました。

ただ、1敗の私の負け方は良くなった。

なにせ「失格」なので。

 

ライバルは「優勝」「2位」・私は「失格」「優勝」

どうしても印象として選ぶ側もイーブンとは思わないでしょう。

そうなると、最終選考会では最低ラインとして「優勝」

そして、「勝ち方」や「記録」も求められる。

 

首の皮はつながったけど、まだまだ自分が不利な状況にあり

決してライバルとイーブンではない、という気持ちは

日々の焦燥感を強くさせていきました。

 

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・ランで個々に合った情報をどう手に入れるか?
  2. 【パーソナル】30㎞で疲労感を感じない、【メール通信】62才で自…
  3. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  4. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  5. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  6. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  7. ユニバーシアードで20km男子競歩!日本選手表彰台独占!
  8. 競歩 講習会in代々木公園(チャリティー) 2019年11月
PAGE TOP
PAGE TOP