ブログ

簡単 競歩の歩き方 まずやってみたいのは「お尻も足だと思って歩く」

 

=お尻も足だと思って歩く!=

 

あまり意識したことが無い方がほとんどだと思います。

競歩をこうやって歩く!っと講習会をするときに

骨盤を使ってだと、運動経験が無い方だと

なかなか意識が出来にくいこと。

 

=お尻も足だと思って歩く=

だと、意識しやすいです。

 

上手に出来れば、30分も歩くと翌日に軽くお尻が筋肉痛になるはず。

もし、ならなかったら「うまく使えていない」可能性があります。

 

そんなときは、この動画も参考に練習してみて下さい。

この動画を見て、やってみたとしても

大事なのは「お尻も足だと思って歩く!」です。

Follow me!

関連記事

  1. 時速12㎞で気持ち良く10㎞を歩く 5分/㎞で歩いたときの歩幅は…
  2. 改めて西日本豪雨災害にお悔やみ申し上げます。とともにボランティア…
  3. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  4. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
  5. 競歩講習会をチャリティーイベントとしておこないます!
  6. 速く歩く一番シンプルな方法
  7. 【ウォーキングで出来ること】健康格差を少なくするために、ウォーキ…
  8. ラン VS 競歩 ハンデ戦!どっちが勝つか?!
PAGE TOP
PAGE TOP