ブログ

競歩が、遅そうだけど「速い」がよく分かる、動画

スウェーデンのカルストローム選手が

インタビューを受けながら「歩いて」ます。

長身選手なので、そのフォームはゆったりで遅そう。

 

インタビューにも平然と答えてますが

インタビュアーの方は、頑張って走っています。

 

終わって、両膝に思わず手をついてしまうのが象徴できです。

 

上手に歩く、ということはこういうことなのです。

ゆったり、と、身体を上手に使って歩く

競歩が技術的なことが需要なのがよく分かる動画です

Follow me!

関連記事

  1. ベストのパフォーマンス出すために!持たなければいけないもの、世界…
  2. ウォーキング ロングウォークの後にしたいこと
  3. ウォーキング 時速7.4kmで歩く 変形膝関節症 女性 66才
  4. ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力
  5. ウォーキング・競歩のためのスピードを上げるピッチを作るコツ ブロ…
  6. 講習会に何回も参加してても、難しいと感じること
  7. 時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由
  8. 【ウォーキング】【競歩】で、体重を利用して歩こう
PAGE TOP
PAGE TOP