BLOG

ウォーキングブログ

競歩が、遅そうだけど「速い」がよく分かる、動画

スウェーデンのカルストローム選手が

インタビューを受けながら「歩いて」ます。

長身選手なので、そのフォームはゆったりで遅そう。

 

インタビューにも平然と答えてますが

インタビュアーの方は、頑張って走っています。

 

終わって、両膝に思わず手をついてしまうのが象徴できです。

 

上手に歩く、ということはこういうことなのです。

ゆったり、と、身体を上手に使って歩く

競歩が技術的なことが需要なのがよく分かる動画です

Follow me!

関連記事

  1. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  2. ウォーキング初心者がおこないたい、ウォーキングで股関節を使う!を…
  3. YouTub動画UPしました! ウォーキングを時速6㎞から時速7…
  4. 100㎞ウォーク対談 無事に?終了
  5. 競歩の腕振りを練習することで、ランでもウォークでもスピードが作り…
  6. 【ウォーキング初級レベル】の皆さん、ご自身の歩くフォームを動画で…
  7. かかと着地を上手におこなおう! なぜ、かかと着地が大事なのか? …
  8. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
<<
PAGE TOP