ブログ

競歩が、遅そうだけど「速い」がよく分かる、動画

スウェーデンのカルストローム選手が

インタビューを受けながら「歩いて」ます。

長身選手なので、そのフォームはゆったりで遅そう。

 

インタビューにも平然と答えてますが

インタビュアーの方は、頑張って走っています。

 

終わって、両膝に思わず手をついてしまうのが象徴できです。

 

上手に歩く、ということはこういうことなのです。

ゆったり、と、身体を上手に使って歩く

競歩が技術的なことが需要なのがよく分かる動画です

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで ふくらはぎ が痛くなる という方
  2. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
  3. ウォーキング や 競歩でつま先を意識した身体に無駄な力を入れない…
  4. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  5. 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を鍛えるウォーキングの仕方
  6. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  7. ウォーキング・競歩は、毎日トレーニングをした方が良いの?
  8. ウォーキングや競歩で、多くの人がちゃんとやっていそうで、やってい…
PAGE TOP
PAGE TOP