ブログ

【ウォーキング 競歩のトレーニング】をして、疲れる場所でフォームを評価する。まずは2つのポイント

歩いた後に、「どこが筋肉痛になるか?」は

とても大事なポイントです。

 

フォームが良かったか?悪かったか?

評価の指標に筋肉痛がなるからです。

 

私自身も、トレーニングに間が空いてしまい

少し久しぶりに歩くと、

筋肉痛気味になったり

筋肉の張りが強くなり、柔軟性に欠ける場所が出てきます。

 

決まって最近筋肉痛になるのは

前脛骨筋(スネの筋肉)

脛の筋肉は薄いからか、、、高い頻度でなります。

 

腱や筋肉周りが張る(タイトになる、窮屈になる)

のは、、、

鼠径部周り。

 

鼠径部周りは直線的に足が入りすぎると、負荷が大きくなる印象です。

 

この2つの場所が筋肉痛や筋疲労(タイトになる)感じがすれば

まぁ、フォームとしては悪くなかったかな、っと評価しています

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上でウォーキング出来ることで骨密度が高くなる
  2. 足を骨折してても、10㎞を歩く 気を付けていたこと くれぐれも真…
  3. ウォーキング初心者でも時速8㎞でウォーキングできると考えています…
  4. ウォーキングのためウォームアップでフォーム作りのためにやりたい「…
  5. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  6. 【健康ウォーキング】でも意識したい、「骨盤」を使って歩く
  7. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  8. 医者からウォーキングを勧められているが どうウォーキングをすれば…
PAGE TOP
PAGE TOP