ブログ

【ウォーキング 競歩のトレーニング】をして、疲れる場所でフォームを評価する。まずは2つのポイント

歩いた後に、「どこが筋肉痛になるか?」は

とても大事なポイントです。

 

フォームが良かったか?悪かったか?

評価の指標に筋肉痛がなるからです。

 

私自身も、トレーニングに間が空いてしまい

少し久しぶりに歩くと、

筋肉痛気味になったり

筋肉の張りが強くなり、柔軟性に欠ける場所が出てきます。

 

決まって最近筋肉痛になるのは

前脛骨筋(スネの筋肉)

脛の筋肉は薄いからか、、、高い頻度でなります。

 

腱や筋肉周りが張る(タイトになる、窮屈になる)

のは、、、

鼠径部周り。

 

鼠径部周りは直線的に足が入りすぎると、負荷が大きくなる印象です。

 

この2つの場所が筋肉痛や筋疲労(タイトになる)感じがすれば

まぁ、フォームとしては悪くなかったかな、っと評価しています

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由
  2. 時速8.4㎞(7’08/㎞)を短期間で歩けるようになった60代男…
  3. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  4. 骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの
  5. フルマラソンで30㎞からペースアップ出来た理由
  6. 「挑戦すること」は、年齢に関係なく、結果より尊いことだと、教えて…
  7. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
  8. 股関節が悪い作業療法士さんと20kmをウォーキング
PAGE TOP
PAGE TOP