BLOG

ウォーキングブログ

【ウォーキング 競歩のトレーニング】をして、疲れる場所でフォームを評価する。まずは2つのポイント

歩いた後に、「どこが筋肉痛になるか?」は

とても大事なポイントです。

 

フォームが良かったか?悪かったか?

評価の指標に筋肉痛がなるからです。

 

私自身も、トレーニングに間が空いてしまい

少し久しぶりに歩くと、

筋肉痛気味になったり

筋肉の張りが強くなり、柔軟性に欠ける場所が出てきます。

 

決まって最近筋肉痛になるのは

前脛骨筋(スネの筋肉)

脛の筋肉は薄いからか、、、高い頻度でなります。

 

腱や筋肉周りが張る(タイトになる、窮屈になる)

のは、、、

鼠径部周り。

 

鼠径部周りは直線的に足が入りすぎると、負荷が大きくなる印象です。

 

この2つの場所が筋肉痛や筋疲労(タイトになる)感じがすれば

まぁ、フォームとしては悪くなかったかな、っと評価しています

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング スピードUP術】早く歩くためにやりたい坂ダッシュ…
  2. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  3. 「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にして…
  4. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  5. 大阪での地震 心よりお見舞い申し上げます
  6. 日本中に競歩を知ってもらう旅④ 北海道、一番大変だったことは。。…
  7. ウォーキングでスピードが落ち始める最初の兆候
  8. ウォーキング(歩いて)でサブ5を目指す。まず出来るようになりたい…
<<
PAGE TOP