ブログ

【ウォーキング 競歩】基本的なこと、一歩にしっかり立てますか?

スピードを出して歩くを、力任せに歩いてしまうと

一歩にしっかり乗らずに歩いてしまいます。

つまり、歩くスピードの「勢い」に任せてしまうような状態です

こうなると、一歩に体重を乗せることが出来ずに

一歩が軽くなります。

一歩にしっかり立てていない状態という事です。

 

一歩に体重が載せることが出来ると

体重(重心)を使って歩くことが出来るので

力(筋力)を使わなくても、自然と地面に力の伝わりやすくなり

楽にスピードが出せるようになります

 

ゆっくりだと、一歩に載ることは感覚としても掴めやすいです

速くてもこの感覚を大事にする。

 

一歩にしっかり立って歩けてますか?

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 【健康ウォーキング】ゆっくりウォーキングでも意識して使いたい《筋…
  2. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
  3. 【ウォーキング】マラソンで、「歩く」という武器があるということは…
  4. ウォーキングする人も 競歩をする人も 陸上競技の選手を好きになっ…
  5. 中国で100kmを想う
  6. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  7. 競歩 マスターズの女性選手でも、良いフォームは良いタイムを作る
  8. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
PAGE TOP
PAGE TOP