ブログ

【ウォーキング 競歩】基本的なこと、一歩にしっかり立てますか?

スピードを出して歩くを、力任せに歩いてしまうと

一歩にしっかり乗らずに歩いてしまいます。

つまり、歩くスピードの「勢い」に任せてしまうような状態です

こうなると、一歩に体重を乗せることが出来ずに

一歩が軽くなります。

一歩にしっかり立てていない状態という事です。

 

一歩に体重が載せることが出来ると

体重(重心)を使って歩くことが出来るので

力(筋力)を使わなくても、自然と地面に力の伝わりやすくなり

楽にスピードが出せるようになります

 

ゆっくりだと、一歩に載ることは感覚としても掴めやすいです

速くてもこの感覚を大事にする。

 

一歩にしっかり立って歩けてますか?

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  2. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
  3. 東京エクストリームウォーク 11月開催! ラン経験者が100km…
  4. 決戦!最後の1枠 東京五輪50㎞競歩代表! どんなレースになるの…
  5. 第2弾 男子20㎞競歩ナショナルチーム合宿が迫る!
  6. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  7. 100㎞ウォークで最初は飛ばさない方が良い理由 乳酸の話のつづき…
  8. 熱中症のリスクは運動経験者でも高まります
PAGE TOP
PAGE TOP