ブログ

【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘れてしまう

表題のように、

最初はフォームに気を付けて歩いているのだけど

歩いているうちに、つい忘れてしまって

もとに戻ってしまっている。。。

 

こんな経験をしている人は「ほとんど」だと思います。

 

ですが、例え途中で忘れてしまったとしても

フォームの意識を持つことはとても重要です。

最初に、フォームの意識をしっかりして

身体に動作の感覚を覚えさせる

そうすると、無意識になったとしても、

少しの間は、意識的に気を付けていたフォームで歩けるものです。

 

これを繰り返していくうちに、

「無意識」に「意識したフォームで歩ける」ようになり

無意識で出来ていたフォームが出来ていないことに、意識が行くようになります。

 

もちろん、この域に達するには、しっかりとフォームを意識したウォーキングを

繰り返し行っていき、そのフォームが当たり前にならないと到達しない領域ですが

少なくとも競歩トップ選手は、そんな感覚で常にフォームを「研磨」しています。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードを即答でアドバイスする人を疑った方が良い理…
  2. 時速8kmでウォーキングが出来るようになれば、広がるコミュニケー…
  3. YouTube動画UPしました! 雪で屋外でトレーニングが出来な…
  4. 体力・筋力は加齢とともに落ちていく、止めることは出来ないけど、落…
  5. マスターズで一番多い違反、「ベントニー」 その対策で出来ること
  6. ウォーキング や 競歩 の講習会は1回受ければ充分???
  7. テン6ウォークのディプロマ、更新しました!
  8. 好評につき第2弾 放送席から見た東京五輪+五輪トップ選手から真似…
PAGE TOP
PAGE TOP