BLOG

ウォーキングブログ

【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘れてしまう

表題のように、

最初はフォームに気を付けて歩いているのだけど

歩いているうちに、つい忘れてしまって

もとに戻ってしまっている。。。

 

こんな経験をしている人は「ほとんど」だと思います。

 

ですが、例え途中で忘れてしまったとしても

フォームの意識を持つことはとても重要です。

最初に、フォームの意識をしっかりして

身体に動作の感覚を覚えさせる

そうすると、無意識になったとしても、

少しの間は、意識的に気を付けていたフォームで歩けるものです。

 

これを繰り返していくうちに、

「無意識」に「意識したフォームで歩ける」ようになり

無意識で出来ていたフォームが出来ていないことに、意識が行くようになります。

 

もちろん、この域に達するには、しっかりとフォームを意識したウォーキングを

繰り返し行っていき、そのフォームが当たり前にならないと到達しない領域ですが

少なくとも競歩トップ選手は、そんな感覚で常にフォームを「研磨」しています。

Follow me!

関連記事

  1. パーソナルトレーニングで、身体の使い方の変化で困っている、と質問…
  2. 汗を掻きたくない人こそ、運動するなら「今でしょ」
  3. 速く歩くためにマスターしたい「基本の3つ」、出来ているかどうか?…
  4. #Voicy それは先入観です。やっぱり急いでいる時は、走ってい…
  5. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  6. 無責任な批判、スポーツを見てるとしたくなりますが「リスペクト(敬…
  7. 早く歩く 年齢に関係なく、競歩のテクニックを使おう
  8. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
<<
PAGE TOP