ブログ

【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘れてしまう

表題のように、

最初はフォームに気を付けて歩いているのだけど

歩いているうちに、つい忘れてしまって

もとに戻ってしまっている。。。

 

こんな経験をしている人は「ほとんど」だと思います。

 

ですが、例え途中で忘れてしまったとしても

フォームの意識を持つことはとても重要です。

最初に、フォームの意識をしっかりして

身体に動作の感覚を覚えさせる

そうすると、無意識になったとしても、

少しの間は、意識的に気を付けていたフォームで歩けるものです。

 

これを繰り返していくうちに、

「無意識」に「意識したフォームで歩ける」ようになり

無意識で出来ていたフォームが出来ていないことに、意識が行くようになります。

 

もちろん、この域に達するには、しっかりとフォームを意識したウォーキングを

繰り返し行っていき、そのフォームが当たり前にならないと到達しない領域ですが

少なくとも競歩トップ選手は、そんな感覚で常にフォームを「研磨」しています。

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で歩いても、景色はのんびり見れます。
  2. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  3. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  4. 痛みから知ろう!
  5. ペットボトルの受難。。。五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事…
  6. ウォーク(ウォーキング)時速8㎞が続かない方へ
  7. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  8. ウォーク 競歩 年齢を重ねれば重ねるほど、ただ長い距離だけを歩い…
PAGE TOP
PAGE TOP