ブログ

【ウォーキング 早く歩く コツ】古いシューズを長く履かない方が良い理由

シューズは安く無いですし、

お気に入りのシューズは、なるべく長く履いていたい!

っと思うものです。

私自身もシューズを捨てるのは苦手で、現役時代にシューズを捨てることが出来ず

新しいシューズに変えても、捨てずにいたので「スポーツバック」3つくらいになり。。。

引っ越しのたびに、無駄だと思いつつもすべて持って引っ越しをして

引退と同時に、ようやく捨てました(苦笑)

 

長く履いたシューズは、いつ変えたら良いのか?(新しいシューズに)

基本的に

シューズの裏のグリップ部分が擦り減って凹凸が無くなったり

履いたときに、完全にの自分の足型が出来ているような履き心地なっている

という場合は、良いでしょう。

 

グリップが弱くなってしまうと、その分、自分の脚力を必要とします

履いたときに、自分の足型になっているのを好む方もいますが

シューズのソールに適切に体重が乗らないので

靴の性能をうまく使い切ることが出来ません。

 

足のことや、スピードを出す!という視点であれば

ボロボロまでシューズを履くのは怪我のリスクも高まるので

得策ではないでしょう。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング&競歩動画付き講習会 参加者の方の質問に回答 自分の…
  2. 熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①
  3. 痛みから知ろう!
  4. ウォーキングで我流でウォーキングされている方の癖が出る場所とは?…
  5. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  6. 上半身と下半身の連動のために!
  7. 速く歩こうとして、つい陥る「罠」
  8. 2019年 箱根駅伝観戦中
PAGE TOP
PAGE TOP