ブログ

【ウォーキング 早く歩く コツ】古いシューズを長く履かない方が良い理由

シューズは安く無いですし、

お気に入りのシューズは、なるべく長く履いていたい!

っと思うものです。

私自身もシューズを捨てるのは苦手で、現役時代にシューズを捨てることが出来ず

新しいシューズに変えても、捨てずにいたので「スポーツバック」3つくらいになり。。。

引っ越しのたびに、無駄だと思いつつもすべて持って引っ越しをして

引退と同時に、ようやく捨てました(苦笑)

 

長く履いたシューズは、いつ変えたら良いのか?(新しいシューズに)

基本的に

シューズの裏のグリップ部分が擦り減って凹凸が無くなったり

履いたときに、完全にの自分の足型が出来ているような履き心地なっている

という場合は、良いでしょう。

 

グリップが弱くなってしまうと、その分、自分の脚力を必要とします

履いたときに、自分の足型になっているのを好む方もいますが

シューズのソールに適切に体重が乗らないので

靴の性能をうまく使い切ることが出来ません。

 

足のことや、スピードを出す!という視点であれば

ボロボロまでシューズを履くのは怪我のリスクも高まるので

得策ではないでしょう。

 

Follow me!

関連記事

  1. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
  2. スポニチフォーラムにパネリストとして参加してきました!
  3. 競歩式ランで走っているパーソナル受講者が医者から言われたこと
  4. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  5. 「皇帝」とまで呼ばれた金メダリストが、戦争の舞台に立つ、という現…
  6. ウォーカーズ 本放送決定! 観るポイントは???
  7. 身体の疲労を回復させる2大要素
  8. めちゃくちゃ怒ってます!
PAGE TOP
PAGE TOP