ブログ

【健康のために】心臓と肺を強くする、ウォーキング 来ないことを願いつつ、第5波に備えよう

心肺機能を向上させよう!

っと、まとめた表現をすることが多いですが

なんのことはない、心臓と肺を強くする、ということです。

 

心臓はみなさんご存じの通り、「血液を運ぶ」が主な役割です

肺もみなさんご存じの通り、「酸素を取り込む」が主な役割です

 

つまり、この2つを鍛えることが出来れば、

酸素を身体に運ぶ能力が上がる!ということです。

 

この能力を高めるのは、「有酸素運動」

酸素を取り込む、酸素を身体に送る、を中程度の負荷で繰り返して上げる

ということで、強化されていきます。

 

筋トレと違って筋肉痛なども起きにくく、継続しやすい運動です

つまり、継続さえできれば筋トレよりも簡単に効果を実感しやすいです。

継続できれば、まず実感できるのは「身体の引き締まり」

体重は極端に減った訳ではないのだけれど、ズボンが緩くなったなど、実感を得られます。

 

心肺機能の高まりを感じるのは、身体の引き締まりから!

ウォーキングを習慣化して、心肺機能を鍛えておきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 【レポート】座学!ウォーキング講習会in大岡山 2017年6月
  2. 100㎞ウォーキングで今季は、なんと5回のトップゴール!
  3. 東京の暑さに勝つため、科学の力で合宿中
  4. 認知症を防ぐために、まずしなければならないことは、たくさん歩くこ…
  5. お尻で足を動かし始めることで、お尻を使う。!ダイエット お手軽、…
  6. マスクは高地トレーニングの代わりになるか?
  7. 競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」
  8. ダイエット お手軽、競歩で痩せる!歩き方のコツ
PAGE TOP
PAGE TOP