BLOG

ウォーキングブログ

【健康ウォーキング】でも意識したい、「骨盤」を使って歩く

早く歩くためにも

身体への負担を少なくするためにも

骨盤を意識して歩けるようになりたいです。

 

多くの方が勘違いしているのは、

「腰に負担が掛かる!」と思っていること。

実際は、お腹を意識しますし。「胸椎」を使うのがポイントです。

 

本当に「腰へ負担」が大きいのであれば

競歩選手はケガ人だらけ。

 

腰を痛めるトップアスリートはいません。

骨盤を上手に使えるようになりましょう

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
  2. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  3. 黙らず、怒るべきだ! IOC渡辺委員の言葉
  4. 祝!YouTubeチャンネル登録者1000名突破!!!皆さん、あ…
  5. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
  6. 競歩五輪金メダリストが予想する「東京五輪男子20㎞競歩」
  7. 2021箱根駅伝に想う、当たり前のような勝利などない
  8. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
<<
PAGE TOP