ブログ

【健康ウォーキング】でも意識したい、「骨盤」を使って歩く

早く歩くためにも

身体への負担を少なくするためにも

骨盤を意識して歩けるようになりたいです。

 

多くの方が勘違いしているのは、

「腰に負担が掛かる!」と思っていること。

実際は、お腹を意識しますし。「胸椎」を使うのがポイントです。

 

本当に「腰へ負担」が大きいのであれば

競歩選手はケガ人だらけ。

 

腰を痛めるトップアスリートはいません。

骨盤を上手に使えるようになりましょう

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 勝てば天国、負ければ地獄 MGCが近づいてきています
  2. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  3. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
  4. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  5. 日本選手権100m!9秒台を持っていないからこそ勝てた多田選手 …
  6. 年齢に関係なく、皆さんも真似したい、体力や技術とは関係ないトップ…
  7. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
  8. 東京大学から東京大学へウォーキング!動画でのフォームチェック付き…
PAGE TOP
PAGE TOP