ブログ

【健康ウォーキング】でも意識したい、「骨盤」を使って歩く

早く歩くためにも

身体への負担を少なくするためにも

骨盤を意識して歩けるようになりたいです。

 

多くの方が勘違いしているのは、

「腰に負担が掛かる!」と思っていること。

実際は、お腹を意識しますし。「胸椎」を使うのがポイントです。

 

本当に「腰へ負担」が大きいのであれば

競歩選手はケガ人だらけ。

 

腰を痛めるトップアスリートはいません。

骨盤を上手に使えるようになりましょう

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. ビルドアップウォークは楽しい!?
  2. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  3. 東京エクストリームウォーク 女性参加者がぜひやっておきたい「お肌…
  4. フォームの左右差を無くすコツ
  5. 【競歩】 インターバルトレーニングをレースにつなげる思考 500…
  6. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
  7. 羽生結弦選手の凄さ、に想うこと、心から心配すること。
  8. 30度以上の気温は原則としてウォーキングを止めるべき温度ですが、…
PAGE TOP
PAGE TOP