ブログ

【健康ウォーキング】でも意識したい、「骨盤」を使って歩く

早く歩くためにも

身体への負担を少なくするためにも

骨盤を意識して歩けるようになりたいです。

 

多くの方が勘違いしているのは、

「腰に負担が掛かる!」と思っていること。

実際は、お腹を意識しますし。「胸椎」を使うのがポイントです。

 

本当に「腰へ負担」が大きいのであれば

競歩選手はケガ人だらけ。

 

腰を痛めるトップアスリートはいません。

骨盤を上手に使えるようになりましょう

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  2. 練習時間が少なくても、サブ4でマラソンを走るために大切な3つのこ…
  3. TV出演の告知です。
  4. 【レポート】座学!ウォーキング講習会in大岡山 2017年6月
  5. シューズが「前後」「上下」に具合が悪い ウォーキングシューズ
  6. 河添選手おめでとう!東京五輪 代表全メンバー発表
  7. 50㎞競歩最後のメダリスト 鈴木雄介選手の2022世界陸上オレゴ…
  8. 【ウォーキング 競歩】基本的なこと、一歩にしっかり立てますか?
PAGE TOP
PAGE TOP