ブログ

【ウォーキング・競歩】長い距離ばかりトレーニングして、たまに短い距離で最大近いスピードを出してトレーニングすると、どうなるかというと。

上達をしようとトレーニングをしていく上で

いつも同じようなトレーニングになってしまうと

効果的な結果は得られません。

 

いつも「長い距離ばかり」を歩いている、という方は

たまには短い距離を全力の90%くらいの力で歩く!

というトレーニングをすると良いでしょう

 

ただ、全力の90%くらいだと長い距離が持たないと思うので

短い距離にして、短い休みをとって、すぐにスタートするを繰り返す

「インターバル」というトレーニング手法です。

 

これをすると、いつもよりスピードを出すので

改めて「長い距離」をトレーニングすると、スピードを出すのが

以前より比較的楽なのが分かります。

 

これを繰り返していくと、「長い距離」でもスピードが「持つ」ようになっていきます。

 

いつも、同じトレーニングではなく、様々なトレーニング方法を試してみましょう

参考までに。。。

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞が決して難しいスピードではない理由
  2. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  3. 【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘…
  4. マラソン完走のために、ウォーキング で心拍数を150まで上げて、…
  5. 【歩く技術】を使ったウォーキング①
  6. 動画フィードバック付き講習会参加者のお声
  7. NHKと番組作りました!!
  8. トップアスリートと一般的なアスリートの違い
PAGE TOP
PAGE TOP