ブログ

競歩 試合・大会が好きなら、練習が嫌いでも良い理由

現役のころ、練習自体はそれほど好きではありませんでした(笑)

ただ、試合はとにかく大好きでした。

 

試合には、「競歩を好き」と感じられるすべてがありました。

自己実現・自己承認・感動を他者へ伝える力、などなど。

 

だからこそ、それほど好きではない練習も楽しんで出来ました。

 

練習はそもそも「試合ため」のもの

練習のための「練習」、そもそも練習でなくなってしまいます。

練習が好き、になってしまうと、「試合に出る理由」が無くなってしまいます。

練習だけをしてれば、満足出来てしまうからです。

 

練習の成果を出す場が「試合・大会」です。

方法が「目的」になってはいけません。

練習がきつく、つらく、苦しくなるだけだと思います。

 

みなさん、大会・試合をぜひ楽しんでください。

楽しむために、練習を頑張りましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 走ってはいけません。ウォーキング大会ですから。 東京エクストリー…
  2. あしなが育英会への寄付 皆さんの頑張りが誰かの未来につながること…
  3. 前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別…
  4. 室内でも出来る、「ウォーキングのための有酸素エクササイズ」用法容…
  5. その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ …
  6. 今年読まれたblog記事第1位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  7. 理学療法とスポーツの融合 前編
  8. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
PAGE TOP
PAGE TOP