ブログ

競歩 試合・大会が好きなら、練習が嫌いでも良い理由

現役のころ、練習自体はそれほど好きではありませんでした(笑)

ただ、試合はとにかく大好きでした。

 

試合には、「競歩を好き」と感じられるすべてがありました。

自己実現・自己承認・感動を他者へ伝える力、などなど。

 

だからこそ、それほど好きではない練習も楽しんで出来ました。

 

練習はそもそも「試合ため」のもの

練習のための「練習」、そもそも練習でなくなってしまいます。

練習が好き、になってしまうと、「試合に出る理由」が無くなってしまいます。

練習だけをしてれば、満足出来てしまうからです。

 

練習の成果を出す場が「試合・大会」です。

方法が「目的」になってはいけません。

練習がきつく、つらく、苦しくなるだけだと思います。

 

みなさん、大会・試合をぜひ楽しんでください。

楽しむために、練習を頑張りましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 40代女性 膝痛に悩まされるも初マラソンでサブ3.5を狙える!
  2. お尻歩きの効果効能とは?ZIPのメダルラッシュをより楽しんでみる…
  3. マメが出来ないシューズがあるの?っと聞かれたらしたい話
  4. ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります…
  5. 足の長さは左右同じではありません
  6. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  7. 男子20㎞競歩代表 池田向希選手 世界ランキング8位 日本人で初…
  8. ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォ…
PAGE TOP
PAGE TOP