ブログ

競歩 試合・大会が好きなら、練習が嫌いでも良い理由

現役のころ、練習自体はそれほど好きではありませんでした(笑)

ただ、試合はとにかく大好きでした。

 

試合には、「競歩を好き」と感じられるすべてがありました。

自己実現・自己承認・感動を他者へ伝える力、などなど。

 

だからこそ、それほど好きではない練習も楽しんで出来ました。

 

練習はそもそも「試合ため」のもの

練習のための「練習」、そもそも練習でなくなってしまいます。

練習が好き、になってしまうと、「試合に出る理由」が無くなってしまいます。

練習だけをしてれば、満足出来てしまうからです。

 

練習の成果を出す場が「試合・大会」です。

方法が「目的」になってはいけません。

練習がきつく、つらく、苦しくなるだけだと思います。

 

みなさん、大会・試合をぜひ楽しんでください。

楽しむために、練習を頑張りましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  2. 桃源郷ウォークに行ってきました
  3. 世田谷 レガシーの旅は 五輪観戦の練習です
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 東北を北上中!
  5. 「失敗もして、成功もした」ということが成功体験
  6. パーソナルトレーニングで、身体の使い方の変化で困っている、と質問…
  7. 【ランの方が】ウォークで左右バランスを整えるために気を付けたいこ…
  8. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
PAGE TOP
PAGE TOP