BLOG

ウォーキングブログ

競歩 試合・大会が好きなら、練習が嫌いでも良い理由

現役のころ、練習自体はそれほど好きではありませんでした(笑)

ただ、試合はとにかく大好きでした。

 

試合には、「競歩を好き」と感じられるすべてがありました。

自己実現・自己承認・感動を他者へ伝える力、などなど。

 

だからこそ、それほど好きではない練習も楽しんで出来ました。

 

練習はそもそも「試合ため」のもの

練習のための「練習」、そもそも練習でなくなってしまいます。

練習が好き、になってしまうと、「試合に出る理由」が無くなってしまいます。

練習だけをしてれば、満足出来てしまうからです。

 

練習の成果を出す場が「試合・大会」です。

方法が「目的」になってはいけません。

練習がきつく、つらく、苦しくなるだけだと思います。

 

みなさん、大会・試合をぜひ楽しんでください。

楽しむために、練習を頑張りましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅13 兵庫県まで来ました
  2. 東京五輪マラソンコース オーバーナイトウォークしてきました!
  3. 心拍数と痛みの話
  4. 東京五輪 競歩コース下見で感じたこと。
  5. 東京五輪競歩TV解説 裏話その3 未公開の選手のインタビュー、本…
  6. 歩き納め!@代々木公園 2023年12月30日
  7. しおや 尾形先生との対談!
  8. 箱根駅伝予選会、映る気は無かったのですが。。。
<<
PAGE TOP