ブログ

2022年 箱根駅伝 「層の厚さ」が生み出す「走力」以外のこと

「層の厚さ」を見れば、箱根駅伝の優勝は青山学院大学が有力でしょう

この「層の厚さ」は、誰が出ても走れる、という「走力」だけの部分だけに

フォーカスされがちですが、

実際は「メンタル」の部分に大きく選手たちに影響を与えます。

20人以上が10,000mで「28分台」という他校であればエース級の力を持つ選手がいます。

 

つまり、「エース級」という評価でありながら10名以上も箱根に出られない。

この悔しさは想像に難くないです。

逆を言えば、選ばれた選手はその選手たちの想いも背負って「走る」

 

実力が伯仲すれば伯仲するほど、勝負には「メンタル」な部分が影響してきます。

 

もちろん、母校がどこまでシード争いに加われるか?

新しいユニフォーム・カラーになっての最初の箱根。

気持ちの強さ!を見せて欲しいと思ってます

Follow me!

関連記事

  1. 前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別…
  2. Clubhouseに登録しました!何かイベントが出来ればと。
  3. 決戦前夜 2020日本選手権20㎞競歩 神戸
  4. 明日いよいよ、UWTT2020
  5. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  6. 高校生へのパーソナルで思ふ
  7. 暑いからこそ、気を付けなければいけないこと
  8. 選手目線で考えると、意味のない数字「勝率確率」
PAGE TOP
PAGE TOP