BLOG

ウォーキングブログ

2022年 箱根駅伝 「層の厚さ」が生み出す「走力」以外のこと

「層の厚さ」を見れば、箱根駅伝の優勝は青山学院大学が有力でしょう

この「層の厚さ」は、誰が出ても走れる、という「走力」だけの部分だけに

フォーカスされがちですが、

実際は「メンタル」の部分に大きく選手たちに影響を与えます。

20人以上が10,000mで「28分台」という他校であればエース級の力を持つ選手がいます。

 

つまり、「エース級」という評価でありながら10名以上も箱根に出られない。

この悔しさは想像に難くないです。

逆を言えば、選ばれた選手はその選手たちの想いも背負って「走る」

 

実力が伯仲すれば伯仲するほど、勝負には「メンタル」な部分が影響してきます。

 

もちろん、母校がどこまでシード争いに加われるか?

新しいユニフォーム・カラーになっての最初の箱根。

気持ちの強さ!を見せて欲しいと思ってます

Follow me!

関連記事

  1. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  2. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  3. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
  4. YouTube動画UPしました!フルマラソン歩いて3時間57分4…
  5. 東京五輪が最後!曲者揃いの男子50㎞競歩 世界の強豪
  6. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  7. 男子20km競歩、スピード勝負の20km競歩、しかし、スピードが…
  8. 77歳女性の競歩動画、競歩はトレーニングすればいくつになっても綺…
<<
PAGE TOP