ブログ

ウォーキング ロングウォークの後にしたいこと

実は、私自身はロングウォークの後にはクールダウンは、あまりしません(苦笑)

ですが、必ずやることがあります

・だらだら帰る

・静的ストレッチ

これだけは必ず「長い距離のウォーキング」でも必ずおこないます。

だらだら帰宅するために、ゴールは家の前には設定せず、1㎞くらい離れた場所でゴールするようにします。

そして、筋疲労を起こしている部分を「静的ストレッチ」をすることで、硬直した筋肉を伸ばして血流を促します。

運動後なので心拍数は高い状態ですから、硬くなっている部位だけを伸ばしてあげれば「個人的には」問題ないと思っています。

ただ、この2つはケガの予防、ということではとても重要です。

ケガは「予防」するということが、ケガ対策の一番効果的な方法です。

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #山手線1周ウォーキング #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策  #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 腕振りが生み出すもの 競歩のモーションキャプチャーからわかる事①…
  2. ウォーキング・ランニング 寒い時期の「鼻水」対策
  3. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  4. #ウォーキング で #膝が痛くなる、どのタイミングで痛くなりま…
  5. ウォーキング で腰が痛くなる方へ
  6. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  7. 50代女性が、いつまでも自分の足で「好きな場所へ行き」「好きなこ…
  8. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
PAGE TOP
PAGE TOP