ブログ

暑くなってきました!トレーニングで起きるダメージを素早く回復させる方法

暑くなってきました、

屋外でのトレーニングだと、ダメージはどうしても大きくなります。

身体のダメージを少なくする方法があります。

・減った体重分の水分を意識して摂る

・運動後に直ぐにタンパク質を摂る

・少し温めのシャワーから身体を慣らし、最後は冷たいシャワーを浴びる

・睡眠時間をしっかり確保する

どれもそれほど難しいものではありません。

 

タンパク質は意識してこまめに摂るようにしています。

家では朝食では必ずプロテインを飲むようにしています。

外出中でも、疲労感を感じる前にコンビニでプロテインドリンクを飲みます。

 

とにかくこまめにタンパク質を摂る

心がけてみて下さい

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

 

#競歩 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  2. 66才 女性 ウォーキング テン8(時速8kmで10km)は、ト…
  3. 【レポート】 ウォーキング 講習会in外苑 2017年11月 
  4. 柔道金メダリストとバッタリ出会ったので、、、声を掛ける
  5. 五輪のスタート時間は誰のもの?
  6. 70歳前後の方のウォーキングフォームの特徴
  7. 65歳から「競歩」を始め方 お勧めの理由
  8. 世界陸上ロンドン マラソン惨敗に想う
PAGE TOP
PAGE TOP