ブログ

競歩とラン、スピード感を感じるのはどっち? 10㎞を久しぶりに「走って」感じたこと

久しぶりに「走り」ました。

10㎞ほど。

いつもは「競歩」(ウォーキング)がメインですが、

たまには心肺機能を追い込もうと「走り」ました

 

10㎞を42’52

ラップをみると

4’34-4’26-4’20-4’24-4’16(22’02)

4’15-4’11-4’06-4’09-4’06(20’50)

 

ちょっと余裕をと思って走ったので、心拍数が思いのほか上がらずも

体感的には、そこそこきつい。

なのに、「スピード感」があまりない。。。

 

競歩の方がスピード感を感じます。

 

実はこういうコメントをする方は周りでも多いです。

こういう結果を生むのはおそらく上下動の小ささ。

 

やはり、競歩の方が重心の上下がランの半分以下なので

景色が上下せず真横に流れるからでしょう。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩の歩く技術、「うまく出来ない!」という言葉に思…
  2. 元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せ…
  3. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  4. ウォーキングや競歩で、足音がする歩き方って良いの?
  5. ウォーキングのテクニックがあれば、体調に関係なくパフォーマンスが…
  6. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
  7. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
  8. 1度の講習会で覚えるのは… 効果的に動作を身に付けるには?
PAGE TOP
PAGE TOP