ブログ

競歩とラン、スピード感を感じるのはどっち? 10㎞を久しぶりに「走って」感じたこと

久しぶりに「走り」ました。

10㎞ほど。

いつもは「競歩」(ウォーキング)がメインですが、

たまには心肺機能を追い込もうと「走り」ました

 

10㎞を42’52

ラップをみると

4’34-4’26-4’20-4’24-4’16(22’02)

4’15-4’11-4’06-4’09-4’06(20’50)

 

ちょっと余裕をと思って走ったので、心拍数が思いのほか上がらずも

体感的には、そこそこきつい。

なのに、「スピード感」があまりない。。。

 

競歩の方がスピード感を感じます。

 

実はこういうコメントをする方は周りでも多いです。

こういう結果を生むのはおそらく上下動の小ささ。

 

やはり、競歩の方が重心の上下がランの半分以下なので

景色が上下せず真横に流れるからでしょう。

 

Follow me!

関連記事

  1. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  2. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  3. 40代女性 膝痛に悩まされるも初マラソンでサブ3.5を狙える!
  4. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  5. 競歩 の 歩き方 ④ リラックスした足の振出
  6. ウォーキングや競歩で、足音がする歩き方って良いの?
  7. 東京五輪競歩TV解説裏話 国際映像の罠にハマる
  8. 寒さを味方につけて、ちょっと頑張ってみよう
PAGE TOP
PAGE TOP