BLOG

ウォーキングブログ

競歩とラン、スピード感を感じるのはどっち? 10㎞を久しぶりに「走って」感じたこと

久しぶりに「走り」ました。

10㎞ほど。

いつもは「競歩」(ウォーキング)がメインですが、

たまには心肺機能を追い込もうと「走り」ました

 

10㎞を42’52

ラップをみると

4’34-4’26-4’20-4’24-4’16(22’02)

4’15-4’11-4’06-4’09-4’06(20’50)

 

ちょっと余裕をと思って走ったので、心拍数が思いのほか上がらずも

体感的には、そこそこきつい。

なのに、「スピード感」があまりない。。。

 

競歩の方がスピード感を感じます。

 

実はこういうコメントをする方は周りでも多いです。

こういう結果を生むのはおそらく上下動の小ささ。

 

やはり、競歩の方が重心の上下がランの半分以下なので

景色が上下せず真横に流れるからでしょう。

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
  2. ウォーキングシューズの上手な選び方 2022年6月版
  3. 競歩の速く歩く技術を使って、パーキンソン病の方に歩いてもらいまし…
  4. 骨粗鬆症 のために ただウォーキングをすれば良いということではな…
  5. 男子20㎞競歩 東京五輪、強豪海外勢は?イケメンが日本選手に立ち…
  6. 速く歩いた方が楽、と感じる60代女性
  7. TV出演の告知です。
  8. 東京エクストリームウォーク参加者からのお礼メール
<<
PAGE TOP