ブログ

小さな筋肉、小さな関節を使う、これがウォーキング・競歩では大事

トレーニングをしていて、どうしても仕事でトレーニングが出来ず

次のトレーニングまでに日程が開くと、

決まって苦労するのが

・小さな筋肉が動きにくく

・小さな関節がスムーズに曲がってくれない

この2点に苦労します。

 

大きな筋肉は血流も多く、すぐに温まる

大きな関節も普段から動かしやすいので、日常生活でも良く使っているので

トレーニングになってもスムーズに動いてくれます。

 

小さな筋肉、スネの筋肉やふくらはぎの筋肉

小さな関節と言ってもそんな小さくない足首ですが(笑)

これが非常に動かし難く、この動かし難さにフォームが引っ張られます。

このスムーズさを欠ける感じが非常に気持ち悪くて、、、疲れます。

 

トレーニングが出来なくて、日にちが開いたときは

小さい筋肉・小さな関節を良く動かせるように気を付けましょう

そのためには、ストレッチや準備体操より

 

継続してトレーニングをどんなに短い時間でもしてあげること。

小さな筋肉・小さな関節のために継続を大切にしていきましょう

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを上手になろうと思う方が、まず最初にすべきこと
  2. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  3. 東京五輪マラソン東京コース 本日無事完[歩]!
  4. 【ウォーキング・競歩】年齢・体力・経験がないから「出来ない、無理…
  5. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  6. YouTube Live限定配信 競歩練習メニュー【初心者】をレ…
  7. 【ウォーキング】ご自身のウォーキングフォームを見たことはあります…
  8. ウォーク 時速9㎞で歩く68歳女性のウォーキングフォーム
PAGE TOP
PAGE TOP