ブログ

五輪へと気持ちを向かわせたこと。1995年 アトランタ五輪選考会

大会が中止になったり、延期になったり

せっかく日々練習しているのに、なかなか発揮する場所がない

ウォーカーや競歩選手、マスターズ陸上を狙いたい方、などなど

多いと思います。

そんな皆さんに向けて、いろいろと書きたいと思っています。

 

今から26年前、1995年の春、皆さんは何をしていましたか?

私は1996年に開催されるアトランタ五輪に向けて最終選考会に向けて

日々練習をしていました。

 

正直、「五輪」というものにあまり執着心は無かったです。

なんだか他人ごとに想えて。。。

純粋に、練習をして試合に出て「勝つ」という

このルーティーンが楽しくて楽しくて

その結果として、五輪が見えてきた、っというのが正直な感想です。

 

1995年のアトランタ五輪選考会の年は

絶好調の年で、20㎞競歩・5000m競歩と2種目で

日本記録も出し、出場する大会はほぼ優勝していました。

 

当然、周囲の私への五輪への期待は高まり始めます。

自然と自分自身の気持ちが五輪へと向かい始めました。

周囲の高まりもありましたが、もう一つ五輪へと気持ちを向かわせたのは

「コーチ」の存在でした。

日本がボイコットした1980年モスクワ五輪。

もし、日本が出場していたであろうなら、当時の選手だった私のコーチは

五輪代表として出場する可能性が高かった選手でした。

 

だからこそ、16年の時を経て「五輪出場への想い」を

受け継ぎたい、っと思ったことが気持ちを五輪に向かわせました。

 

1995年、国内で開催される3つの選考会の結果で

総合的に五輪代表が決まる、という認識です。

もちろん、3つ勝って参加標準記録を切れば文句なしの代表です。

 

最初の選考対象となる試合は、1995年10月全日本競歩高畠大会

この大会で、こともあろうに痛恨の失格をしてしまいます。。。

 

続く。。。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
  2. 明日、東京五輪に向けた20km競歩の最後の戦い
  3. 競歩競技の新たな船出
  4. サブ5ランナーに100kmウォークを勧める理由
  5. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  6. 新型コロナ第2波に備えよう、買い占めなくても備える方法
  7. 今年もお世話になりました! コロナ禍で想ったこと
  8. 平昌五輪の閉会式を観て想う事
PAGE TOP
PAGE TOP