ブログ

男子20㎞競歩代表 池田向希選手 世界ランキング8位 日本人で初めて世界チャンピオンになった若き日本のエース チャンピオンの所作を持つ選手

男子20㎞競歩代表 池田向希選手 世界ランキング8位

全日本競歩能美大会で優勝し内定を決めました

5000m 18分20秒

20㎞ 1時間17分25秒

世界大会で結果を残し続ける、世界チャンピオン 勝負ポイントを冷静見極める若きに日本のエース

実は高橋選手が非公認の10000mを樹立したときも池田選手が引っ張りタイム差も1秒とありませんでした。

20㎞競歩で必要なスピードという要素しっかり持っている選手です

 

実は世界大会では安定感抜群。ユニバーシアード金メダル、世界競歩チーム選手権(ワールドカップ競歩)金メダル、世界陸上6位入賞

この安定感は驚異的です。

特筆すべきは世界競歩チーム選手権金メダル。実は世界陸上で金メダルを獲るのが難しいのが世界競歩チーム選手権。

その理由は、1か国でエントリーできる人数の多さ。

五輪は最大3名、世界競歩チーム選手権は5名。

五輪の出場選手は50-60名ですが、世界競歩チーム選手権は100名前後。

当然、競争は激しくなり、そこで勝てた!というのは快挙です。

 

池田選手は冷静に勝負所を見極めれるレース勘、勝負所で一気に決めれるのが特徴です。

近年はその冷静さが反って、優勝という文字から遠のいている印象です

「行く!」っと決めたときの思い切り良さをしっかり活かしてほしいです

 

下記のYouTube動画

2:24:48に池田選手が試合の主導権を完全に握っています

周りの声を聴き、横目で中国選手を観察し、スパートのポイントを見極めようとする姿は

「チャンピオンの所作」でしょう

https://youtu.be/ee0ynA_HkEc

 

 

まるでコントのようなインタビューですが。。。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  2. 満員電車から健康生活への脱出!!
  3. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  4. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  5. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  6. 30年以上の競技人生で、涙したのは2回だけ、その2回はどんなとき…
  7. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  8. ランナーから競歩挑戦 気をつけたいこと
PAGE TOP
PAGE TOP