BLOG

ウォーキングブログ

100m日本新記録 9’95! 山縣選手が日本記録達成まで一番大きく変えたこと

山縣選手が日本記録を更新しました。

従来はサニブラウン選手の持つ9’97でした。

それを0.02更新しました。

山縣選手はずっとコーチを付けづにやってきました。

https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=17617

 

しかし、桐生選手の日本人初の9秒台

サニブラウン選手の日本記録

そして小池選手も9秒台をマーク

日本人が3人も9秒台をマークしました。

 

選手心理として、人は人、自分は自分と思っても

五輪イヤー、心中穏やかではなかったでしょう。

 

そして、10年以上コーチをつけなかった山鹿選手は2020年

コーチに師事することにしました。

 

コーチをつけて「客観的な目線」を取り入れて

日本記録達成という快挙になりました

https://mainichi.jp/articles/20210427/k00/00m/050/029000c

 

山縣選手がコーチをつけない理由もよく分かります。

私も高校・大学3年までは専門的なコーチは置かずに自分の感覚でやってきました

ですが、視点が1つになるとどうしてもスランプに陥ったときに

修正が効きにくくなり、

俯瞰して自分を見つめられなくなる

客観的に自分の決定を「判断」できなくなります。

 

大変な決断をした結果、大きな結果にたどりつきました。

 

コーチ。

 

いろいろと「コーチ」の捉え方が変わってきましたが

やはり、「自分(選手)には足りない何かを埋める」ために必要な存在だと

改めて思い、そういう存在でありたい、と思える山縣選手の快挙でした

 

Follow me!

関連記事

  1. 74才女性でも! ハーフマラソンで2時間43分39秒でゴール!
  2. YouTube動画UPしました! 歩いてサブ4 =スタミナづくり…
  3. 河添選手おめでとう!東京五輪 代表全メンバー発表
  4. ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手…
  5. #Voicy 日本代表になるということ、WBC日本代表から考える…
  6. ランニングコーチはきっとあまり言わない。大会で最下位の方に「速過…
  7. 感情的にはまったく変わらない ナショナルチーム合宿で、想いを馳せ…
  8. 在宅ワークでお疲れの皆様へ
<<
PAGE TOP