ブログ

100m日本新記録 9’95! 山縣選手が日本記録達成まで一番大きく変えたこと

山縣選手が日本記録を更新しました。

従来はサニブラウン選手の持つ9’97でした。

それを0.02更新しました。

山縣選手はずっとコーチを付けづにやってきました。

https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=17617

 

しかし、桐生選手の日本人初の9秒台

サニブラウン選手の日本記録

そして小池選手も9秒台をマーク

日本人が3人も9秒台をマークしました。

 

選手心理として、人は人、自分は自分と思っても

五輪イヤー、心中穏やかではなかったでしょう。

 

そして、10年以上コーチをつけなかった山鹿選手は2020年

コーチに師事することにしました。

 

コーチをつけて「客観的な目線」を取り入れて

日本記録達成という快挙になりました

https://mainichi.jp/articles/20210427/k00/00m/050/029000c

 

山縣選手がコーチをつけない理由もよく分かります。

私も高校・大学3年までは専門的なコーチは置かずに自分の感覚でやってきました

ですが、視点が1つになるとどうしてもスランプに陥ったときに

修正が効きにくくなり、

俯瞰して自分を見つめられなくなる

客観的に自分の決定を「判断」できなくなります。

 

大変な決断をした結果、大きな結果にたどりつきました。

 

コーチ。

 

いろいろと「コーチ」の捉え方が変わってきましたが

やはり、「自分(選手)には足りない何かを埋める」ために必要な存在だと

改めて思い、そういう存在でありたい、と思える山縣選手の快挙でした

 

Follow me!

関連記事

  1. しおや 尾形先生との対談!
  2. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  3. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  4. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  5. ウォーキングのスピードは、まだまだ上がる! 自分のエンジン能力を…
  6. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  7. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  8. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
PAGE TOP
PAGE TOP