ブログ

あと2㎞でゴール、で待っていたもの。1995年 アトランタ五輪選考会

このブログからの続きです

強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年 アトランタ五輪選考会

中国選手にスパートに追いつき、後ろについて

あと1周(ラスト2㎞)となった時点で、審判長がやってきて

赤カードを見せられて、「失格」を告げられました。

選考会での2度の失格。もう五輪の可能性がほぼなくなった瞬間でした。

そして、離れた日本選手はしっかりレースを作り日本記録を更新して2位に入りました。

 

覚えているのは、すぐにはみんなの所へには戻れず

独りコースを離れて、一緒にきたチームメイトの顔を思い浮かべる

そして、顔を思い浮かべても涙が出なくなったら、みんなの所に戻ろう、

っと、決めて一人一人の顔を思い出しました。

もし、涙がでたらまた一人一人の顔を思い浮かべることをやり直して。。。

 

どうしても、最後にコーチの顔を思い浮かべると涙が出ます。

 

だめだ、戻れない。

っと、また最初からやり直す。

 

30分くらいはそんなことをしていたと思います。

鏡を見る勇気は無かったですが、みんなのところに戻っても

凄い顔をしていたと思います(苦笑)

 

涙を堪えすぎて酷い頭痛になりました。。。

 

絶望的な状況でしたが、

海外遠征へ出ることをすぐに決めました。

日本記録を出しても代表にはなれない、っと陸連からは言われましたが

「チャレンジをしないで終わることは出来ない」

っとの想いが強かったです。

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング】理学療法士さん、作業療法士さんとウォーキングのレ…
  2. 競歩競技の新たな船出
  3. ベントニー(膝曲がり)で 気を付けること 初心者の動画から学ぶ
  4. 競歩 講習会in代々木公園(チャリティー) 2019年11月
  5. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  6. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  7. 【忘備録】「入賞狙いの入賞」と「優勝狙いの入賞」の違い
  8. マエストロ ジョルディリョパルトを想う③ ピレネーのバル・ジェス…
PAGE TOP
PAGE TOP