ブログ

あと2㎞でゴール、で待っていたもの。1995年 アトランタ五輪選考会

このブログからの続きです

強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年 アトランタ五輪選考会

中国選手にスパートに追いつき、後ろについて

あと1周(ラスト2㎞)となった時点で、審判長がやってきて

赤カードを見せられて、「失格」を告げられました。

選考会での2度の失格。もう五輪の可能性がほぼなくなった瞬間でした。

そして、離れた日本選手はしっかりレースを作り日本記録を更新して2位に入りました。

 

覚えているのは、すぐにはみんなの所へには戻れず

独りコースを離れて、一緒にきたチームメイトの顔を思い浮かべる

そして、顔を思い浮かべても涙が出なくなったら、みんなの所に戻ろう、

っと、決めて一人一人の顔を思い出しました。

もし、涙がでたらまた一人一人の顔を思い浮かべることをやり直して。。。

 

どうしても、最後にコーチの顔を思い浮かべると涙が出ます。

 

だめだ、戻れない。

っと、また最初からやり直す。

 

30分くらいはそんなことをしていたと思います。

鏡を見る勇気は無かったですが、みんなのところに戻っても

凄い顔をしていたと思います(苦笑)

 

涙を堪えすぎて酷い頭痛になりました。。。

 

絶望的な状況でしたが、

海外遠征へ出ることをすぐに決めました。

日本記録を出しても代表にはなれない、っと陸連からは言われましたが

「チャレンジをしないで終わることは出来ない」

っとの想いが強かったです。

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. 男子50km競歩 は 史上最も熾烈な代表選考 展望②
  2. トライアル
  3. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  4. 選手ファースト、って。。。偉い人が言うほど現実と乖離すような。。…
  5. 競歩は、簡単で難しい
  6. 箱根駅伝から学ぶ 強い者が「強い」では無く、勝った者が「強い」
  7. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  8. 感嘆!池江璃花子選手の五輪内定! 池江選手を五輪で見たいと思いま…
PAGE TOP
PAGE TOP