BLOG

ウォーキングブログ

あと2㎞でゴール、で待っていたもの。1995年 アトランタ五輪選考会

このブログからの続きです

強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年 アトランタ五輪選考会

中国選手にスパートに追いつき、後ろについて

あと1周(ラスト2㎞)となった時点で、審判長がやってきて

赤カードを見せられて、「失格」を告げられました。

選考会での2度の失格。もう五輪の可能性がほぼなくなった瞬間でした。

そして、離れた日本選手はしっかりレースを作り日本記録を更新して2位に入りました。

 

覚えているのは、すぐにはみんなの所へには戻れず

独りコースを離れて、一緒にきたチームメイトの顔を思い浮かべる

そして、顔を思い浮かべても涙が出なくなったら、みんなの所に戻ろう、

っと、決めて一人一人の顔を思い出しました。

もし、涙がでたらまた一人一人の顔を思い浮かべることをやり直して。。。

 

どうしても、最後にコーチの顔を思い浮かべると涙が出ます。

 

だめだ、戻れない。

っと、また最初からやり直す。

 

30分くらいはそんなことをしていたと思います。

鏡を見る勇気は無かったですが、みんなのところに戻っても

凄い顔をしていたと思います(苦笑)

 

涙を堪えすぎて酷い頭痛になりました。。。

 

絶望的な状況でしたが、

海外遠征へ出ることをすぐに決めました。

日本記録を出しても代表にはなれない、っと陸連からは言われましたが

「チャレンジをしないで終わることは出来ない」

っとの想いが強かったです。

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
  2. ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わな…
  3. 東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さ…
  4. いよいよ、明日放送!NHK-BS1 16:00-ウォーカーズTV…
  5. 半月内側断裂でも、競歩なら膝への負担も少なく、速く歩くことも、ラ…
  6. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  7. タレント選手からの電話
  8. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
<<
PAGE TOP